公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2006/12/26 特例有限会社の広告

終わってみればあっという間の一年でした。いつもの事ですが、ホッとするやら、反省するやら・・・。
予定通り行ったのは住宅ローンの返済だけでしょうか・・・まだ大分残っていますが。
それでは、良いお年をお迎えください。

■ 法人税の実効税率の各国比較(%)

特例有限会社(有限会社を商号中に使う株式会社)は、会社法施行後も決算広告を行う必要はありません。
債権者保護手続くが必要な原始や合併を行うには、従来どおり広告が必要です。
また定款に広告方法の記載がない場合は「官報に記載する方法」が広告方法とされます。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

ランチェスターの法則の応用

第2法則(数量の2乗比で力関係を計算→29号を参照)の応用例として、戦前のワシントン軍縮会議(1922年)やロンドン軍縮会議(1930年)で決定された、軍艦の保有比率のもつ意味を、具体的に計算してみれば、その結果に一驚する事でしょう。

ワシントン軍縮会議 主力艦(戦艦)の保有比率
第2法則で計算
米:英:日=5:5:3    米:英:日=25:25:9

ロンドン軍縮会議 補助艦の保有比率
第2法則で計算
米:英:日=10:10:7  米:英:日=100:100:49

日本の実際の攻撃力は主力艦(戦艦)では、対米英60%(3/5)ではなく、36%(9/25)しかなく、補助艦では、70%(7/10)ではなく、49%(49/100)しかありません。
これではまともな戦争は出来ません、高度の政戦略と超人的な敢闘精神、その上によほどの幸運がなければ。


今日はどんな日?

■ 12月23日 東条英機元首相らA級戦犯7名絞首刑
  執行 1948年


東京裁判(極東国際軍事裁判、昭和21年5月3日開廷、23年11月12日判決言い渡し)で絞首刑を宣告された7名が、巣鴨拘置所内で死刑執行。東条元首相、享年64。辞世の句は「我ゆくもまたこの土地にかへり来ん」。

絞首刑後、東條元首相らの遺体は遺族に返還されることなく、当夜のうちに横浜市西区久保町の久保山火葬場に移送し火葬され、遺骨は粉砕され遺灰と共に航空機によって太平洋に投棄されました。(なんと野蛮なこと をするのでしょうか!)
小磯国昭の弁護人を勤めた三文字正平と久保山火葬場の近隣にある興禅寺住職、市川伊雄は遺骨の奪還を計画。三文字らは火葬場職員の手引きで忍び込み、残灰置場に捨てられた7人分の遺灰と遺骨の小さな欠片を回収。
回収された遺骨は全部で骨壷一つ分程で、熱海の興亜観音に運ばれ隠されました。昭和35年8月に愛知県幡豆郡幡豆町の三ケ根山の山頂に改葬され、同地には現在、殉国七士廟が造営され遺骨が祀られています。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア - Wikipedia - 』)

ちなみに12月23日は今上陛下のご誕生日です。
わざわざこの日を選んで絞首刑を執行したのは、マッカーサーのアメリカの悪意ですが、これだけではありません。
5月3日は上述のごとく東京裁判が開廷した日ですが、翌年の同じ日に日本国憲法を発布させ、憲法記念日としました。
このような狡猾、破廉恥な嫌がらせを平気でやってしまうのがアメリカです。良いとこも沢山あるのですが、どうしてもこの種の底意地の悪さ(日本に対する?)だけは直らないようです、いまだに。


2006/12/16 法人税の実効税率の各国比較(%) 

早くも師走。徐々に寒さも厳しくなってきたようです。
忘年会も結構ですが、腹も身のうち。 飲みすぎと、風邪に注意しましょう。

■ 法人税の実効税率の各国比較(%) 

日本40.69 米国45.95 ドイツ39.9 フランス33.33 中国33.0 英国30.0 韓国27.5


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

ランチェスターの法則

第一法則 敵味方が刀、槍などの武器で体当たり的な、白兵戦を行うイメージ。
例えば、甲軍50人が乙軍30人を全滅させた場合、甲軍も30人が殺され残存兵数は20人となる。
歴史的に見ても「天王山の戦い」や「川中島の戦い」などで、勝った方も負けた方もほぼ同数の損害を出している。
第二法則 敵味方が、数百メートルから数十キロ離れて、ライフル銃や、大砲などで攻撃し合うイメージ。
例えば、甲軍5人、乙軍3人がそれぞれライフル銃で攻撃しあう場合の攻撃力は、それぞれ次の通りになります。

甲軍は、確率1/3の攻撃を5人がすることになります。
→ 1/3 X 5=5/3

乙軍は、確率 1/5の攻撃を3人がすることになります。
→ 1/5 X 3=3/5

この結果、攻撃力の比は、甲軍:乙軍=25/15:9/15→25:9と、人数の2乗比になります。
甲軍は乙軍の約2.8倍(=25/9)の攻撃力を持つことになり、被害率はこれに反比例(攻撃力が大きいと損害率は小さくなる)しますので、仮に、乙軍が全滅するまで戦った場合の甲軍の残存数は25−9=16の平方根で4となります。
乙軍3名が全滅し、甲軍は4名が残る(損害は1名)ということになります。
この2つの法則をどう経営に応用するかが、まさに経営者の腕の見せ所ということになります。


今日はどんな日?

■ 12月7日 山下奉文(ともゆき)大将に死刑判決
  1945年


大東亜戦争劈頭のマレー攻略作戦を指揮し、シンポールを陥落させた英雄で「マレーの虎」として有名。
戦局悪化の中1944年(昭和19)9月、第14方面軍(フィリピン)司令官に任じられましたが、来襲してきたマッカーサー指揮する連合軍に押され、勇戦するも制海権、制空権なく、ついに終戦。
9月3日バギオ(フィリピン)で降伏文書に調印。
すぐにマニラへ送られ、住民虐殺の容疑で軍事裁判にかけられました。

後に同じマニラで同じ容疑で死刑になった、本間雅春中将(マッカーサーをフィリピンから撤退させた司令官)と同様、まともな裁判ではなく、マッカーサーの個人的な復讐心を満たすためのものでした。
裁判中は、終始もの静かな紳士的な態度で、一切弁解せず、責任を一身に背負う姿は、原告側にも純潔で高貴な深い印象を与えましたが、大方の予想に反してこの日死刑判決となりました。
この裁判を取材、傍聴していた米英等の記者12人は全員「無罪」と判じました。

ニューヨークタイムズ紙等はこの判決を報じて「マッカーサーの個人的な復讐のために、アメリカの民主主義と正義は大いなる汚点を残した」と論評しました。
後にベトナム戦争で「ソンミ村事件」(カリー中尉指揮する米兵が504人の無抵抗の村民を虐殺)が発生したときに、同紙等は山下裁判と同じ基準で裁けば、ベトナム派遣軍司令官ウェストモーランド将軍(後に陸軍参謀総長)は、間違いなく死刑に処されることになると断じました。

2007年 8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2016 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2016 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.