公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2008/8/17
特殊支配同族会社


特殊支配同族会社とは、@業務主宰役員等の有する株式や議決権等の保有割合が9割以上、あるいは、業務主宰役員等が合名会社、合資会社、合同会社の社員の総数の9割以上のいずれかに該当し、A常務に従事する業務主宰役員等が常務従事役員の総数の過半数。
この2条件を満たす会社です。
この場合に業務主宰役員の報酬が損金不算入になる場合があります。


詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

差別化的目標設定法

3 営業力の高め方

1 自社の営業地域ごとに競争相手の営業マンの人数を調査する。
2 各地域ごとに利益計算をする。
3 各地域ごとに移動時間を調査し、競争相手と比較する。
4 黒字になる見込みのない地域は撤退する。
5 近くて強い地域を重点地域にする。
6 余った営業マンを重要地域に配置する。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

8月17日 インドネシア独立宣言
1945年(昭和20)

1942年に日本が侵攻し、囚われていたスカルノらの民族主義者を開放しました。
日本の軍政に協力することを条件に与えられた一定の公的地位を利用し、スカルノらは民族主義を鼓舞し、現地住民の武装化を図り、厳しい軍事教練を施しました。
この軍事教練を受けた青年層がのちの独立戦争時の主力となりました。

日本が降伏すると、スカルノら民族主義者が独立を宣言し(日付は皇紀2605年8月17日とされました。)、再植民地化を図るオランダと独立戦争が始まりました。
オランダ植民地時代の過酷峻烈な搾取に対対する反発は強く戦意は旺盛でした。
正規軍のほかに非正規の軍事組織も続々と発生し、日本軍の武器庫から奪ったり、降伏を潔しとせず、インドネシア独立を支援する日本軍人が供与する武器弾薬で武装し、オランダは苦戦を強いられました。

また軍籍を離脱した日本兵約2000人も戦闘に協力し、約半数が戦死しました。
その内の3人は特に独立の英雄としてインドネシアの教科書に書かれ、国立霊園に祀られているそうです。
この2000人の中に少数の朝鮮人日本兵が参加していたそうです。

5、6年位前、韓国でこの下っ端の朝鮮人日本兵を主人公にした映画を作り、インドネシア独立の英雄譚に仕上げたそうです。捏造好きの朝鮮のいつものやり口ですが、ここまで来ると、彼らの歴史の貧困さに同情してしまいます。



2008/8/29 特定同族会社


特定同族会社とは、特定の株主グループに発行済み株式の50%超を所有される場合等に該当する会社です。
従来はこの株主グループは3グループ以内でしたが、現在は1グループとなり、資本金1億円以下の会社は除外されることになりました。
特定同族会社に該当すると、留保金に課税されます。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

チラシの入れ方

小売業、飲食業、などの地域密着型サービス業は、チラシの入れ方に工夫する。
下手な鉄砲も数うちゃ当たる式の入れ方はやめる。

1 来店調査をして、規模にもよりますが、200から400人ぐらいのデータを集める。

2 店舗の周りの地図上に点をつけていく。来店者数の割合が、70%、20%、7%、3%の地域を選ぶ。

3 次に地域ごとにチラシを入れる回数を決める。

70%の地域は10回のうち7回,20%の地域は同2回、7%の地域は同1回等とする。

4 1年に1回位をめどに来店調査をし、重点地域に変動がないか調べる。

5 大型店舗等が商圏内や、近隣商圏内に進出してきた時も来店調査をし、変動を調べる。

6 来店調査をするまでもなく明らかに客数が減ってきたら、チラシに入れ方の問題ではないと思われるのでほかの対策を考える。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

8月23日 樺太・千島列島交換条約批准
1875年(明治8)


幕末以来の樺太・千島列島の状況は、択捉島以南は日本領、ウルップ島以北はロシア領で、樺太は両国民の混住地というのが現実でしたが、幕末から明治初期の日本の混乱に乗じて、ロシアは日本を樺太から追い出しました。
紛争を避けたい日本は平和的な話し合いで問題の解決を図るべく榎本武揚をロシアに派遣し、樺太はロシア領、千島列島は日本領とする条約を締結しました。

時は流れて大東亜戦争の最末期、1945年8月8日、日ソ不可侵条約を破り対日宣戦したロシアは、8月15日以後も侵攻を続け、9月5日に所謂北方4島を占領するまで、その侵攻はやみませんでした。

この交換条約時の状況に照らしても、北方4島が日本固有の領土であるのは間違いのない事実です。
日本共産党と旧日本社会党は、平和裏の条約によって日本領となった千島列島全島の返還を主張しています。
第2次大戦後の講和では戦利品としての領土や賠償の要求はしないというのが大原則でした。
アメリカは占領していた沖縄や、小笠原諸島を返還しましたが、ロシアにはそんな気配すら見えません。
むしろ占領を正当化し既成事実化を強めています。東欧のグルジアでもまたごり押しをし始めたようです。

気狂いに付ける薬なし。「、、、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、、、」(日本国憲法前文)などは、現状では机上の空論と覚悟すべきだと思うのですが。



津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.