公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2009/3/13
中小企業の軽減税率の時限的引き下げ


自民党の平成21年度税制改正大綱によると、年中小企業等の平成21年4月1日から平成23年3月31日の間に終了する各事業年度の所得のうち、800万円以下の金額に対する法人税(原則は30%)の軽減税率を22%から18%に引き下げる事になるようです。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

社長の仕事時間を拡大する

従業員100人以下の会社の業績は、98%が社長一人の実力で決まる。
社長の実力=仕事時間の2乗×質(能力)で決まる。質を高めるにも時間がかかる。
そこで社長の仕事時間を拡大することがまず第一に必要になる。

時間拡大の目安

1850時間  中小企業の平均仕事時間
1850時間×√2=2600時間  健闘型
1850時間×√3=3200時間  必勝型
1850時間×√4=3700時間  圧勝型
1850時間×√5=4140時間  決死型
1850時間×√6=4530時間  ベンチャー型
1850時間×√7=4900時間  超人型

エジソンは年間6000時間以上を40年近く、本田宗一郎、正力松太郎等は年間5000時間以上を30年以上も続けたそうです。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

2月14日 パレンバンに落下傘部隊降下
1942年(昭和17年)

 大東亜戦争劈頭の南方作戦の目的は石油をはじめとする資源の確保にありました。
1942年(昭和17)2月14日蘭領インドネシア、スマトラ島の南東部にあるパレンバン油田を無傷で確保すべく、陸軍140機、海軍180機を以て同油田上空に侵攻し、11時26分,第一挺身団(団長久米精一大佐)以下430名が落下傘降下し、装甲車で武装して待ち受けていた英蘭濠連合軍約500名と戦闘。21時頃、同油田をほぼ無傷で確保。

翌2月15日、後続の第2挺身団とともに市街地に突入し、同市を占領しました。この作戦成功は「空の神兵」の快挙として日本中が大いに沸きたちました。

同日シンガポールも陥落。シンガポールが陥落すれば、英蘭軍はパレンバンを破壊する公算が大であったので、その前に油田を無傷で確保できたことの意味は大きいものがあります。
またそれをさせないための作戦だったのですが、戦争という不確定要素の多い状況で、シンガポール攻略戦と、パレンバン占領作戦を同時並行的に遂行し、成功させた当時の日本軍の強さに驚くと同時に、強運にも恵まれていたとも思います。

そのわずか4カ月足らず後の6月5日に戦われたミッドウエー海戦では、それまでの強運をすべて帳消しにするような悪運にも見舞われ大敗北を喫しています。



2009/3/30 役員賞与の不払い決定と源泉所得税


業績の悪化に伴い未払いになっている役員賞与を支払わないこととする場合でも、源泉徴収義務と徴収税額の納付義務は消滅しないので要注意。
また、未払い役員賞与は支払いの確定した日から一年を経過した時点で、「支払いがあったものとみなして」原泉徴収税額を納付しなければならない事になっています。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

時間戦略の実行は先ず早起きと長時間労働から

業績のいい会社の社長の朝は早い。
業種にもよりますが、できれば7時半までに出社。
都会では無理かも知れませんそれが、職住接近の環境に恵まれた社長はそのメリットを生かしましょう。
無理なら8時、せめて8時15分までには出社したいものです。

小売業や飲食業は独特の時間形態があるので、それに合わせるように工夫する。
創業15年ぐらいまでの社長や、2代目社長、業績の悪い会社の社長は、圧勝型の3700時間を目標に頑張る。

倒産会社や、のんきな2代目の社長にはこの反対が多い。持って他山の石とすべし。
従業員が30名以下の社長は日中は仕事と雑用に追われるので、戦略研究の時間が不足するので、休日を戦略研究日にする。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

3月10日 奉天会戦に日本勝利
2005年(平成17年)


1904年2月10日対露宣戦布告により始まった日露戦争で日本軍は、兵員、武器弾薬の不足に苦しみながらも海に陸に優勢に戦を進めました。
9月4日遼陽会戦、10月9日沙河会戦の勝利、さらには翌年1月1日の旅順陥落と約10万の戦死者を出ながらも、ロシア軍を奉天に追い詰めました。

翌年2月26日から、要塞化した奉天城周辺で日本軍を待ちうけていたクロパトキン大将のロシア軍約37万と、日本軍約25万の大会戦が始まりました。兵力数が少ない日本軍が機動的に各軍連携してロシア軍を攻撃するのに対して、クロパトキン大将は、終始受け身的に対応し、日本軍の攻勢を撥ね返すことができず、3月8日早朝、撤退開始。

これはナポレオンを打ち破ったロシアの伝統的な誘致的撤退戦略で、広大なロシア領に誘い込み、日本軍の疲弊を待つ作戦とも言われましたが、ロシア国内には打ち続く敗戦による厭戦気分と革命的気分が横溢し、そのような悠長な作戦を展開する余裕はなくなりつつあり、また日本軍も、兵員、弾薬の不足から一層の追撃が困難となり、自然停戦、膠着状態となり、両国民はもとより世界の耳目は、日本を目指して進軍中のバルッチク艦隊と、迎え撃つ連合艦隊との決戦に集まりました。

5月27、28日の日本海海戦で連合艦隊は当時世界最大・最強と言われた、バルッチク艦隊を壊滅させる大勝利をおさめ、世界中を震撼せしめ、あるいは狂喜せしめました。
事此処に至りさしものロシアも米国のローズベルト大統領の講和提案を受諾し、8月29日アメリカのポーツマスで講和が成立しました。
1906年からこの日を陸軍記念日とし休日としていましたが、米軍は1945年のこの日を狙って、東京大空襲の蛮行をやってのけました。



津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.