公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2009/5/20
海外出張と飲食費

今年の連休は友人と鹿児島、屋久島、口永良部、福岡と回ってきました。
久しぶりの友人知人にも会えて、チョットしたセンチメンタル・ジャーニーでした。


海外出張と飲食費
交際費の損金不算入の見直しにより、1人あたり5000円の飲食費について、一定の要件のもと損金算入が認められるようになりましたが、支出場所について国内外の制限を行っていませんので、海外における飲食費支出についても適用されます。
外貨の換算方法は社内ルールで決めれば良い事になっています。


詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

中小企業は弱者の戦略を徹底的に実践する

経営の8大要因
商品対策 地域対策 業界客層対策 営業対策
顧客対策 組織対策 資金対策 時間対策

について、

1 目的、目標を定め
2 戦略、仕組み、戦術に工夫を凝らし
3 情報を怠りなく集め
4 惰性に流れず革新を図る

これらを一貫性を持って、整合的に、徹底的に実行すると

(1)
1人あたり純利益が業界平均の3〜4倍の利益が出るようになります。

(2)
これを長年にわたって、続けると1人あたり自己資本も業界平均の3〜4倍という実績になって現れます。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

5月15日 5.15事件 犬養首相暗殺
1932年(昭和7)

1921年のワシントン条約により主力艦の保有比率を米英5に対して日本3としましたが、保有比率の定めのない補助艦の建艦競争が激化し、1930年4月22日、補助艦についても米英10に対して日本7とするロンドン海軍軍縮条約が締結されました。

同じころ国内では同年2月の総選挙で大敗した犬養毅を総裁とする政友会が、4月下旬から始まった第58帝国議会において、ロンドン軍縮条約の締結は、天皇大権たる「統帥権」を犯すものであると、それまでの憲法解釈を拡大解釈して、与党民正党の浜口雄幸内閣を攻撃しました。
これが、「統帥権干犯問題」として軍部の独走の法律論的な根拠を与えるきっかけとなりました。

この後、軍部は軍の予算や作戦に政治家等が制限や口出しすることを「統帥権干犯」であるとして、恫喝的、強迫的に封殺し、ついには一切の軍に対する非難を「統帥権干犯」であるとして、軍国主義へと独走するのを止めることができなくなりました。

同年11月14日には浜口首相が東京駅等で狙撃され、翌31年(昭和6)8月26日死亡、同9月18日満州事変勃発と日中間は宣戦布告なき戦争へと突き進んで行きました。

この日首相官邸にいた犬養首相は銃撃され死亡。
2年前に自らが提起した「統帥権干犯問題」により暴走しだした軍国主義の凶弾に倒れるとは、皮肉と言うべきか、自業自得というべきか。

現在の日本は、憲法改正が当面無理ならば、第9条の適正な解釈により必要な防衛力を保持すべきだと思いますが、現状はその縮小解釈により、防衛力が劣化し、国際軍事協調がまともにできず、世界の失笑を買い、汚名を晒しています。

今度は憲法の縮小解釈により、再び国を誤らせるのでしょうか。



2009/5/31 控除と減算


梅雨の前触れのようなはっきりしない天気が、最近多い様な気がします。
あっという間に5月も終わりました。
それにしても、黄金週間は長すぎると思いませか。


控除と減算
控除は、所得税の各種控除のように、AからBを引いた残りの金額がマイナスとなった場合、ゼロを限度とし、マイナスは切り捨てられます。
一方減算は、AからBを引いた残りの金額がマイナスとなった場合、ゼロを限度とせず、そのマイナスの金額を所得の計算に反映させることになります。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

中小企業の経営者はなぜ迷うのか、なぜ間違うのか
強者の戦略がなぜ常識になっているのか

(1)
大学で教え、講演会で話され、書籍に書かれているのは、ほとんどが大会社のための強者の戦略と具体例

(2)
中小企業(弱者)に合った戦略を一から系統立てて教えている所がない

(3)
中小企業(弱者)に合った戦略を一から系統立てて編集した学習テープ、DVD,書籍がほとんど無い

(4)
人間はもともと自己中心的で、自分を例外にしたがる悪い癖がある

(5)
そもそも自社が弱者と思っていないし、思いたくもないし、言ってくれる人もいない

(6)
大脳生理学的に、間違って信じ込んだことを治すのは、何も知らない人に1から教えるより3〜5倍時間がかかる


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

5月21日 野口英世アクラにて客死
1928年(昭和3)


1歳の時に囲炉裏に落ちて、左手に大火傷をして貧困のため医者にかかれず、指が癒着してしまい百姓が出来なくなり、学問で身を立てるしかないと母親に諭され勉学にはげみました。

1897年(明治30)普通10年かかると言われた医師免許わずか4年程で取得(21歳)するも、開業するほどの資金もなく、順天堂病院の助手や北里伝染病研究所の図書係などをしましたが、学閥、門閥の壁に閉塞感を感じて、渡米の機会を窺っていましたが、ようやく1900年(明治33)北里柴三郎の紹介状を得て、米国ペンシルベニア大学の助手として採用され、ここで毒蛇の研究が注目され、1904年(明治37)ロックフェラー医学研究所に移り、梅毒スピロヘータの純粋培養に成功(現在では純粋と言えるレベルではなかったとされています。)、一躍世界的な注目を集めることになりました。

英世の研究スタイルは、予想される実験パターンを、寝る間も惜しんで完璧に実行し、そこから得られる膨大な実験データを分析するという実践派でした。
またそのスピードと正確さは他に抜きん出ていました。

黄熱病の研究でガーナのアクラに赴き、いつものように膨大なサンプルを採集し、あるいは培養し、それを顕微鏡で調べるという作業に没頭しましたが、実は黄熱病の病原菌は、細菌よりもさらに微小なウイルスで、顕微鏡で見えるものではありませんでした。
コッホ以来、感染症は寄生虫か細菌よるというのが当時の常識で、ウイルスのようなものは想定もされていませんでした。

「どうも私には分からない、、。」黄熱病に自らも感染してしまった英世のこの最後の言葉は、病原菌の研究が細菌からウイルスへと移行する以前の、苦闘する研究者の悲痛な、絶望的な喘ぎのように聞こえます。

享年53歳。英世の一生は、そのほとんどが、勉学と研究に明け暮れるまさに疾風怒濤の人生でした。
彼の精神と生き様を後世に伝えて行きたいものです。



津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.