公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2009/9/17
中古資産の簡便法による耐用年数計算の端数切り捨て

シルバーウイークと言うのだそうです。
ゴールンウイークも長かったですが、暇はあっても金はないのに、どうやって金を使って遊べと言うのでしょうか。
仕事で忙しい時間をやりくりしながら遊ぶのが、ご隠居さん以外の大方の日本人に一番合っているような気がしますが、、、。


中古資産の簡便法による耐用年数計算の端数切り捨て
中古資産の耐用年数の簡便法による計算方法は、耐用年数が経過していいない場合は、「法定耐用年数−経過年数×0.8」で、端数が生じた場合は切り捨て。

例えば法定耐用年数が10年、経過年数が8年の場合、「10−8×0.8=3.6」で端数を切り捨て、3年とするが、経過年数の端数は切り捨てないので注意。
経過年数が6.5年の場合は、「10−6×0.8=5.2」ではなく、「10−6.5×0.8=4.8」で4年と計算することになります。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

経営の要点をはっきりっさせる(1)

「経営の目的は新しい市場を作り出し、そこでお客を増やしていくことである」
(P.ドラッカー)

その為の第一歩は、何かの商品で市場占有率第一位の地域を作ることです。
その為の主な13の要因を勉強し、バランスよく実践する必要があります。

1 顧客対策
当たり前のサービス以上の、お客が期待していること以上のサービスは何かを考え、実践する。

競争相手以上に、
お客が商品を買いやすいようなシステムを考える
お客に気に入られるようにする。
お客に喜ばれるようにする
お客に忘れられないようにする。

健康な生活は、食事だけ、運動だけではだめで、それらを含めて睡眠やその他諸々の要因を勉強し、それらをバランスよく実践する必要がありますが、経営も同様です。


(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

9月13日 乃木希典大将夫妻殉死
1912年(大正元年)

北清事変に乗じて、不法占拠した支那大陸東北部(満州)から南下を続け、朝鮮半島をも併呑しようとするロシアに対して、朝鮮の独立は日本にとって死活的に重大な問題でした。
膨張主義的な南下を続けるロシアが、朝鮮を手中にすれば、次の餌食は日本というのは誰の目のも明らかでした。

しかし朝鮮はロシアにすり寄るばかりで、日本にとってはむしろ足手まといにしかならず、シベリヤ鉄道の完成も真直に迫っており、外交に時間を費やする余裕はありませんでした。
日英同盟を唯一の頼みの綱として、日本は乾坤一擲の開戦に踏み切りました。
1904年(明冶37)2月10日から始まった日露戦争は、多くの犠牲を払いながら、辛くも日本の勝利で終結し、列強諸国を驚愕せしめ、インド等の植民地の人々は狂喜しました。

勝利に沸き立つ日本国民の大部分はその勝利の実相を知らず、講和条約の非を鳴らしましたが、国庫は空どころか借金だらけ、兵は疲れ傷つきながら、国を守った名誉と誇りと安堵を胸に帰国しました。

心身をすり減らした陸軍参謀次長兼満州軍総参謀長の児玉源太郎は日露戦争終結の翌年死去。
明治天皇もその6年後崩御されました。

この日、明治天皇の大喪に参列し最後の別れを告げた乃木大将夫妻は、その夜半、自宅で自刃し明治天皇に殉じました。

このことは衝撃と感動を以て、日本はおろか世界中に伝えられ、乃木大将と日本の名誉を大いに高めました。
乃木大将は日露戦争後の1907年、学習院長に就任し昭和天皇はじめ多くの皇族・華族の子弟を厳しく教育しました。
昭和天皇は生涯、尊敬する人の第一に乃木大将を挙げていたそうです。

長らく日本の歴史教育では、祖先の偉業や、英雄豪傑、偉人について教えること少なく、自虐史観が罷り通っています。
誇り高き日本人を育てる教育を取り戻したいものです。乃木大将のそれのような。



2009/9/30 接待等に伴う土産代

最近食欲はあるのですが、量が減ってきました。
少しですが酒量も減ってきたような気がします。
前者はともかく、後者は好い事なのだろうと思う様にしていますが、、、はて、、、。


接待等に伴う土産代
一人当り(以下同様)5000円以下の飲食費は交際費から除外できますが、飲食後の土産代の処理は様々です。
例えば、鮨屋での飲食代金が合計で6000円の場合、請求書等で飲食代が5000円、土産代が1000円と区別されていても5000円だけを交際費から除外できず、6000円が交際費。合計額が5000円であれば除外できます。
また土産だけ他の店で用意すれば5000円は除外でき、1000円は交際費。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

経営の要点をはっきりっさせる(2)

2 商品対策
経営で利益が生まれる瞬間は、自社で販売している商品・サービスをお客のお金と交換した時だけです。
そして競争相手も同じことを考えています。

したがって、競争相手以上に
お客の好きな商品や、気にいる商品を仕入れ、揃える。
競争力のある商品をそろえる。

そのためには、
1 どの商品で1位になるか決める。
2 ほかの商品との組み合わせを考える。
3 商品の幅の範囲を決める。

ことなどが必要になります。

(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)



今日はどんな日?

9月18日 チャンドラ・ボースの葬儀
1945年(昭和20)
ボースは1897年英領インド帝国に生まれ、ケンブリッジ大学に留学するも、1921年にマハトマ・ガンジーの反英非協力運動に参加し、逮捕・投獄されますが、釈放後も独立を求めるインド国民会議派の左派急進派として一時は議長まで務めました。
その後ガンジーらと対立し、国民会議派から除名されました。

1941年欧州で第2次大戦がはじまると、ソ連に赴きスターリンに協力を要請しましたが断られ、ドイツに亡命し、ヒトラーやムッソリーニにも同様の要請をしましたが、いずれも断られました。
ヒトラーは「インド独立は150年くらいかかる。」と言ったそうです。

同年の12月、日本の真珠湾攻撃を聞くと日本へ助けを求め、大東亜共栄圏を謳う日本の東條首相もボースの主張と存在価値を認め協力を承諾しました。
Uボート、イ号潜水艦と乗り継ぎ東京着。
1943年(昭和18)10月21日、日本占領下のシンガポールで、自由インド仮政府国家主席兼首相、インド国民軍(兵力45000人)最高司令官に就任し、米英に宣戦布告。1944年のインパール作戦は援蒋ルートの遮断が目的でしたが、インド後方を攪乱し、ボースのインド独立運動を支援するとの思惑もあり、インド国民軍6000名と共に参加しましたが無惨な大敗北に終わりました。

終戦の3日後(8月18日)、戦後の東西冷戦を予期し、ソ連を頼りインドの独立を図るべく、台湾の松山空港から九七式重爆撃機で飛びたつも墜落、死亡。
遺骨は東京に運ばれましたが、占領軍を憚り葬儀を引き受けてくれるお寺がなく、ようやくこの日杉並区の日蓮宗蓮光寺で、夜8時から葬儀がひっそりと行われました。

戦後、ネール首相、その娘のインディラ・ガンジー首相らが同寺を訪問しましたが、遺骨は今も本堂に安置されたままになっています。
インドの国会議事堂の正面にボースの肖像画が掲げられており、現在でもインド国内ではガンジーや、ネールよりも評価と人気は高いようです。
インド独立に尽力した偉人を、日印の友好と連帯の大きな絆としたいものです。



津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.