公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2010/11/15
給与所得 社交団体の入会金等

11月も半ばをすぎました。
迷走する民主党政権に、何時まで日本を任せておかなければならないのでしょうか。
このままでは日本が壊れてしましそうです。


給与所得 社交団体の入会金等
使用者が社交団体(ゴルフクラブ・レジャークラブ・ロータリークラブ・ライオンズクラブを除く)の入会金、経常会費等を負担する場合は、@個人会員として入会した役員・使用人の費用等を負担するときは、法人会員制度がなく、かつ、それが業務の遂行上の必要性が認められる場合を除いて、給与等とされ、A経常会費以外の費用の負担についても、業務の遂行上の必要性が認められる場合を除いて、給与等とされます。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

デッドラインの法則

市場占有率の競争原理の法則から「デッドラインの法則」と言われるものが明らかになってきました。
一位の強者の市場占有率が確立されてしまうと、一定率以下の市場占有率しかない企業は、強者からの市場圧力で生存自体が困難となります。

その率は一位企業の市場占有率の10分の1が目安となります。
2008年度の国内乗用車販売のシェア(%)は、

トヨタ 47.0
日産 16.6
ホンダ 15.0
マツダ 5.8
富士重工 3.0
その他1 2.6

となっています。「デッドラインの法則」からいえば、富士重工は倒産しているはずですが生き延びています。
外資を含めた提携関係や、オタク的な需要のお陰でしょうか。
少なくとも製品の差別化が利く業界ということなのでしょうか。
光岡自動車などはその実例でしょう。その他には外車も入っています。
ただし、一位の企業の市場占有率が15%以下ぐらいですと、この「デッドラインの法則」は発生しません。
マンション建築業や戸建て建築業は、一位企業ですら5%位です。
ましてや飲食業やその関連業は、「デッドラインの法則」は無関係ということになります。


今日はどんな日?

11月5日 尖閣諸島沖での中国漁船衝突映像流出
2010年(平成22)

菅内閣が中国を刺激したくないとして、公開を禁じていた尖閣諸島沖での中国漁船の領海侵犯、対巡視船衝突事件の映像がネット上に流出して大騒ぎとなりました。
海上保安官が名乗り出て犯人探しは一段落しましたが、百聞は一見に如かず、中国漁船に非があるのは一目瞭然です。
公開しない理由についての仙石官房長官の言訳が、かつての日露講和条約に反対する集会を日比谷公園で開催し、激昂した市民が暴れだし、焼打ち事件まで引き起こしたことを例に引いて「感情的に暴走した日比谷焼打ち事件の例もあるので、、」というものでした。

日比谷焼打事件の理由は、講和条約の成果が、新聞報道などで煽られていた過大な期待に反して、少なすぎるというものでした。
しか此の暴動の真の原因は、情報統制により、連戦連勝の報道ばかりで苦戦する戦場の真相は知らされず、また戦費の調達に苦労し、国家予算の6年分に上る戦費17億円を、8億円の外債と9億円の増税で賄ったことや、それでも戦争の継続が不可能なほど国庫が枯渇していることを、ほとんど国民には知らせていない事にあったと思われます。

現にこの映像の流出で、暴動が起きたとか、不穏な動きがあるという事はありません。
同じ轍を踏まない様に願います。
菅総理、仙石長官。

大東亜戦争前、日本が支那大陸で中華民国軍を相手に戦争をしている時、蒋介石総統夫人の宋美齢が渡米して反日、対支那支援を訴え成功しました。
日本はこの種の宣伝、工作が下手です。
その為に在りもしない南京事件だの朝鮮人に対する創始改名、皇民化運動などの汚名を着せられています。
前者は捏造であり、後者は責任転嫁です。
後者について更に言えば、日本に憧れ、日本人になりたい為に自ら進んでした事を、後にその浅ましさ・卑屈さを恥じ、日本に強制されたと言い包めようとしているのです。
しかしそのやり方も、相変わらず昔と同様に浅ましいと気付き、恥じ入る日は来るのでしょうか。



2010/11/30 未分割遺産から生ずる法定果実

時が経つにつれ、三島事件の意味を問う声が大きくなってくるような気がします。
今一度教育から立て直さなければならないと思います。
NHK,某報道機関のある種の報道は、ほとんど犯罪的な亡国的行為だと思います。


未分割遺産から生ずる法定果実
例えば、賃貸アパートを所有していた大家さんが死亡して相続開始となってから、遺産分割が決定するまでに発生した家賃収入(法定果実)は、法定相続割合で確定申告することになります。
その後遺産分割が法定相続割合と異なることとなっても、家賃収入の修正は不要ですので、確定申告をやり直す必要はありません。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

なぜ中小企業では市場占有率が低いか

経営に関する誤った先入観が、中小企業の市場占有率に対する意識を希薄なものにしています。
市場占有率の重要性に気付かないまま、経営努力の内容と方向が見当違いになっている事が多い様です。
その原因は次のようなものです。

1 経理偏重の経営の弊害 昭和30年代初頭から経営改善の研究が一般化し始めた時に、本を書いたり、セミナーの講師になったのは、主に簿記や会計の専門家でした。
その為簿記会計が経営改善のための必要であるというだけに留まらず、唯一最大の手段の様に喧伝されてしまい、さらには、会計的な経営分析によって企業の内容を分析すること自体が、経営改善になるかの様に錯覚する経営者も出始めました。
簿記会計の主な目的は過去の取引を正確に記録し報告するという事です。
経営分析も言わば健康診断的なもので、これをいくら一生懸命やっても業績は上がりません。
野球の「スコアラー」の仕事は正確に記録する事ですが、いくら正確に記録を取っても勝負の行方を左右できるわけではありません。
いくら健康診断を受けてもそれだけでは、健康になれません。
プロ野球のチームの目的は優勝です。
経営の目的は儲けるという事です。
記録は手段であり目的ではありません。
市場占有率を高めることは目的ではありませんが、目的に直結しているという意味でほぼ目的と同視していいと思います。
(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

11月25日 三島由紀夫、自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自決
1970年(昭和45)
40年前のこの日、三島は「楯の会」メンバー4名とともに自衛隊市ヶ谷駐屯地に東部方面総監を訪問し、これを人質にして、隊員を集め、クーデターを促す演説をしましたが賛同を得られず、午後12時15分ごろ割腹、介錯により絶命しました。

当時大学の2年生だった私は、映画「黒蜥蜴」や写真集「薔薇刑」などは見ていましたが、三島作品はほとんど読んでおらず、彼の主義主張もよくは知らず、それは衝撃というより、何か唐突な、縁遠い出来事に思えました。
三島が本気で自衛隊のクーデターを期待していたとは思えません。
理由は様々に言われていますが、以下の三つが主なものでしょうか。

1 其の2年前の昭和43年に川端康成がノーベル文学賞を受賞し、ひそかに受賞を期待していた三島は泣いて悔しがったという事です。
「次に日本人が受賞するのは15年か20年後ぐらいだろう、それは多分大江健三郎だろう。」と語ったそうです。
それまで待てなかった?1994年、予言通り大江健三郎が受賞しました。

2 創作能力の枯渇。
この説の代表者は松本清張です。
ある文学全集の編集の際に三島の強い反対意見で、清張作品を入なかった事があったそうです。
その恨みが、言わせたのかもしれませんが、、。

3 肉体的な衰え。
あるとき友人に三島が「俺も来年は45ですよ。そのうち腹も出てくるのかな、、」とぼやいていたそうです。
老いさらばえて行く姿を見たくなかったのかも。
人一倍外見を気にし肉体美を誇っていたようですから。

芥川龍之介の自殺にもいくつかの理由が挙げられていますが、三島にも上記を含むいくつかの理由があったのでしょう。
三島が予言した「無機的な、空っぽな、ニュートラルな、中間色の」日本は、ほぼその通りになってしまいました。
「抜け目がない、ある経済大国が極東の一角に残るであろう。」とした予言は、崩れつつあります。
「善良な老経済大国」になりつつあるような気がしてなりません。
あの頃はまだ良かった、その死に方や理由はともかく、三島はいい時を選んで死んだ、、、のか?


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.