公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2011/3/19
準確定申告と扶養控除

確定申告もほぼ目途がつき、ホッと一息吐いた矢先の大地震でした。
事務所も自宅も大した被害はありませんでした。
皆様は如何でしたか。
これから1〜2年は、経済的にはケインズ的復興景気が出るでしょう。


準確定申告と扶養控除
扶養控除は夫婦いずれか一方にしか適用出来ないのが原則ですが、準確定申告をいずれか一方が行っていると、もう一方にも適用できる場合があります。
例えば夫婦と子供2人の家族で、個人事業者たる夫が平成22年度中に死亡し、準確定申告をした場合、2人の子供は扶養控除の適用を受けられます。
更に後を継いだ妻が確定申告を行う場合も同様の適用を受けられます。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

将軍と社長 そのTPO的リーダーシップ

戦場に於ける将軍の役割は、種々の情報、意見を勘案し決断し命令する事です。
社長の役割も同様です。
ただ戦場においても経営においてもその規模と、TPOに応じた臨機応変の役割認識が重要になります。

軍隊では連隊(兵員約2000人)の指揮官は大佐で、師団(兵員約1万人)から将軍が指揮官になります。
24歳のナポレオンは砲兵連隊長として、英国に占領されていたツゥーロン港攻略を指揮し、英国艦隊を撃退させましたが、この時には、自ら弾込めまでして負傷したそうです。そして其れが後の大ナポレオンへの出発点となりました。

大部分の社長は社員50人以下の規模の経営の指揮官です。軍隊でいえば小隊(指揮官は少尉)と言ったところです。
この規模では指揮官と言えども、戦闘要員たらざるをえません。

しかし内閣総理大臣ともなれば、国家の最高司令官です。
然り乍ら菅総理の東北関東大震災に対する指揮ぶりは、前線の部隊長のように現場に出たがり、最高司令官としての役割が分かっていない様に思います。
「経済に疎い」のみならず「歴史にも疎い」ようです。
幕末から明治維新、日清・日露戦争、反省点の多い支那事変から大東亜戦争の歴史に学ぶだけでも、今自分の為すべきことが自から分かりそうなものです。
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」(ビスマルク=独鉄血宰相)と言いますが、残念ながら菅総理は後者のようです。

しかもその経験も狭く浅いときては、、。 

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)


今日はどんな日?

3月14日 大阪万国博覧会開会
1970年(昭和45)

1964年(昭和39)10月10日、アジアで初のオリンピックが東京で開催されました。
それから6年後のこの日、これもアジアで初の万国博覧会が、大阪で開催されました。
昨年の上海万博で更新されるまでの最高入場者数6421万人を記録し、戦後の日本の繁栄のシンボル的イベントとなりました。

当時の日本の総人口は1億372万人(その後の最高1億2787万人=2004.H16)で約半数の日本人が万博に行ったことになります。
米国のアポロ13号が持ち帰った「月の石」で、アメリカ館は大賑わいだったそうです。

当時のGNPは56兆3290億円(=実質。その後の実質最高額560兆円=2007、H19)で、昭和30年代の平均10%を超える高度成長はさすがに達成できなくなりましたが、それでも5〜%の安定成長を続けており、「ジャパンアズナンバーワン」「21世紀は日本の世紀」等と持て囃され、「昭和元禄」を満喫し、浮かれていた面もありました。
今振り返って見れば、「バラ色の未来」を夢見、「よりよい明日」を信じ、「巨人の星」と「明日のジョー」を、皆がそれぞれに目指していたような気がします。

今はその熱気の残骸すらないようです。
明日に向かって、国を思い、故郷を思い、親子兄弟、朋友を思う教育を今こそと思います。

「日教組」を中心とする、「2度と子供たちを戦場に送らない」為の民主主義教育は、日本人としての誇りを忘れ、自信と勇気を喪失し、優柔不断で身気力・無責任・自分勝手で、厚顔無恥、責任の取り方も、ケジメのつけ方も知らない、例えば民主党の、、、のような人たちの後継者を、大量生産し続けています。
「戦争をやるからには勝つ」、「負ける戦争はしない」教育をこそすべきではないでしょうか。
負ければ賊軍の汚名を着せられ、尊い犠牲も犬死となってしまいがちです。
其の現実が今、正に目の前にあります。



2011/3/31 エコポイントの税務

500年、100年に一度と言う事がわかってきた今回の東北関東大震災。
それにつけても間の悪さよ、と言いたくなります。
左翼かぶれの素人内閣が、この難局の指揮を執り続ければ、日本がボロボロになりそうです。


エコポイントの税務
エコポイントを金券や食料品等と交換した場合は、交換商品の価額が経済的利益となり一時所得として課税対象になります(ナンカせこいですが、、)。
一時所得の計算上は50万円が特別控除されますので、それが50万円以内に収まれば課税所得は無し。
他に生保、損保の満期返戻金など、一時所得に該当するものがある場合は、それも合わせた金額から、50万円の特別控除して残額があれば、それが一時所得と言うことになります。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

強者(弱者の反面教師)の戦略に学ぶな(4)
強者は大都市を目指す

戦闘での大軍(強者)は、各種の兵器を豊富に取り揃え、多数の兵士を擁しているので、広い平坦な地形で威力を発揮します。
反対から言えば、大軍といえども、狭い、遮蔽物の多い、見通しの悪い地形では,その威力も、半減、時には10分の1,20分の1になってしまうときがあります。
たとえば、山岳地帯や、ジャングルでの戦闘がそうです。
アフガン戦争は山岳戦争でしたし、ベトナム戦争はジャングル戦争でした。
ともにゲリラ戦が戦闘の常態で、正規軍同士の、雌雄を決するような大会戦はありませんでした。

 経営においても大企業(強者)は、似たような戦略をとります。
大量生産の効く画一的ではあるが、種類豊富な商品群を取り揃え、大量販売のしやすい大都市での商売に強みを発揮します。
ですから、大企業は東京、大阪、名古屋、さらには地方の拠点都市、たとえば、札幌、仙台、福岡等の販売に力を入れます。
その次が県庁所在地などの更に地方の中核都市という具合に販売地域を広げていきます。

 弱者は、その真似をせず、強者が手をつけない地域、その販売力の弱い場所を探し、売り込むという方法がその戦略ということになります。

 あるいは大企業の尻馬に乗ったり、コバンザメ商法というのもあります。
アメリカのゴールドラッシュの時に、結局儲かったのは、山師にジーンズなどの作業着や、シャベルなどの諸道具を販売した商人や、そのメーカーだったということもあります。
今に残っているジーンズメーカーの大分部分がそれです。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

3月26日 伊藤博文暗殺犯・安重根処刑
1910年(明治43)
 伊藤博文を暗殺した安重根には、仲間が他に3人おり、事件(1909年=明治42年10月22日)の約4カ月後の2月14日の判決で、死刑を宣告されたのは、安重根のみでした。
其のさらに約1カ月後のこの日、旅順監獄で死刑が執行されました。

其れから約100年。
色々な事がありました。
伊藤博文が千円札の肖像に採用された時には、朝鮮人たちは「ケシカラン」と言って騒いだそうです。
安重根の肖像が韓国の切手に採用された時には、日本ではほとんど話題にもなりませんでした。

つい最近、前原外務大臣が外国人(在日朝鮮人)からの政治献金が明らかとなり辞任し、松本剛明氏が後任の外務大臣となりました。
其の母方の祖先が伊藤博文で、松本剛明氏が其の玄孫に当たると言うのが、血縁重視の韓国人社会で格好の話題となっているそうです。

一方、安重根の一人息子は、戦前に伊藤博文の息子に、暗殺事件のことを謝罪したことがあるとして、「反逆者」と非難され、人目を忍ぶ様にひっそりと生き、そして死んだそうです。

其の妻と子供(安重根の孫)は、居た堪れなくなって、追われるようにアメリカに移住し、その唯一の孫は「トニー・アン」と言うアメリカ人になっているそうです。
今も朝鮮人の国家的歴史的英雄の子孫が、故郷を追われ(捨て?)、異邦人としてアメリカに居ることを、朝鮮の人々は知っているのでしょうか?


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.