公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2011/5/15
ごみ処理券と、ごみ袋

鳩山由紀夫的な世間知らずのバカ殿、菅直人的な左翼かぶれの学生自治会長、小沢一郎的な背広姿のゴロツキ、の様な人を指導者とするしかないのかと思うと、泣けてきます。戦後民主主義教育の悪の花咲く季節の始まりか。


準確定申告と扶養控除
「ごみ処理券」も「ごみ袋」も、いずれも消費税の課税仕入れですが、その課税仕入れとするタイミングが異なります。
前者は、実際にごみ処理券を使って、ごみ収集をして貰った時に役務提供を受けたとして、課税仕入れとなり、後者はごみ袋という物を購入するための対価という事で、購入した時が課税仕入れとなります。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

強者(弱者の反面教師)の戦略に学ぶな(7) 
強者は間接販売を重視する

昭和20年4月からの沖縄戦での米軍の作戦も、基本は徹底的な爆撃、砲撃です。
つまり遠方から射程の長い航空機や大砲、ロケット弾による、爆撃、砲撃です。
これで自軍の損耗を少なくし、敵には効率的な打撃となります。

同様に、大企業は直接、個別販売ではなく、卸会社を使った間接販売を重視します。
その方が大量に、効率的に商品をエンドユーザー(最終消費者)に販売できるからです。

大企業は、総合商社から、全国卸、地域卸などの各種卸会社を使い、万遍なく隙間なく間接販売で商品を流します。

弱者は、知名度もないので、総合商社はおろか全国卸、地域卸でさえ取り扱いません。
卸会社は量が少ないとその卸機能を発揮できないので、否応なしに大企業対応になります。
(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)


今日はどんな日?

5月8日 八田與一五島列島沖にて殉職
1942年(昭和17)

今なお台湾の人々に最も尊敬されている日本人の一人に、八田與一という人がいます。
日本ではほとんど知られていませんが、台湾では中学生向けの歴史教科書に、彼の業績と共に詳しく紹介されています。

彼は石川県花園町(現金沢市今町)の生まれで、1910年(明治43)東京帝大工学部土木科を卒業し、台湾総督府内務局土木部に就職。
衛生事業、都市の上下水道の整備、発電・灌漑事業等を経験の後、28歳の時当時工事中だった桃園大?(たいしゅう=灌漑施設)を一任され、成功させ声価を高めました。

蛮地として放置されていた台湾は、日本領となって初めて、土木事業、水利灌漑事業などのインフラ整備が行われましたので、土木工学専門家の彼は大いにその腕をふるいました。

台湾最大の嘉南平野は洪水、塩害、旱魃に悩まされる不毛の大地で、彼はこの地を沃野に変えるには灌漑用のダムと、用水路を作るほかないとして、2年の調査を経て、1920年(大正7)此の大工事を開始し10年後1930(昭和5)、貯水量15300万トン、16000キロの用水路という、当時世界最大規模の灌漑施設を完成させ、今も台湾一の穀倉地帯になっています。
総工費は5400万円(現価で約5000億円超)で、全額日本からの持ち出しです。

1942年(昭和17)、陸軍よりフィリピンの灌漑事業の調査依頼があり、部下3人と共に乗り込み、フィリピンに向かった大洋丸が、この日五島列島沖で米潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没し、八田は逃れる術もなく殉職。享年58歳。贈正4位勲3等。

今年も彼の命日の5月8日、八田與一記念公園の完成記念式典も兼ねた慰霊祭が、馬英九総統、森喜朗元首相(石川県選出)も参加して、粛々たる中にも盛大に挙行されました。これからも、日台の友好親善の大きな絆としたいものです。



2011/5/31 地方自治体が支給する結婚祝い金等

民主党も、嘗て社会党が右派と左派の内輪もめで現実的な政治感覚を失い、衰微していったのと同じ轍を踏みそうです。
社会党はおよそ半世紀でほぼ消滅しましたが、民主党はあと10年もつでしょうか。

地方自治体が支給する結婚祝い金等
若者の定住を図るために、市町村等が支給する結婚祝い金や出産祝い金等は、その金額が者気通念上相当と認められる場合は非課税となるものと思われます(所基通9-23)。
仮に一時所得とされても、50万円の特別控除があるので、他に一時所得がなければ、50万円以下の祝い金であれば課税されません。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

強者(弱者の反面教師)の戦略に学ぶな(8)
強者はマスコミ広告を活用する

間接販売の別のやり方が、マスコミ広告を使うやり方です。
テレビ広告、ラジオ広告、新聞広告等で不特定多数の見込み客の発掘、堀り出し、誘い出しを大々的に行います。

これらの広告は、極端に言えば、消費者大衆を洗脳する事でもあります。
わが社が一番、この製品こそ一番、あなたにはこれが一番、これで貴方は世界一幸せ、等など。

ただこの欠点は、お金がかかるという事です。
全国的なテレビ広告から地域的なチラシ広告まで、金のかかり方は桁違いになります。
億単位から千円単位まで。

自社の立場、状況、マスコミ利用の目的、最終的な成果目標等を勘案し、計算し、慎重に媒体、数量等を決定する必要があります。

戦艦には戦艦の、駆逐艦には駆逐艦の、魚雷艇には魚雷艇の、それぞれの強みと弱みがあります。
強みを生かし弱みを消す事が、勝つことの前提、条件になります。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

5月19日 白井義男フライ級世界王者となる
1952年(昭和27)
大東亜戦争の戦塵いまだ冷めやらず、焼け跡闇市瓦礫の中で、敗戦の屈辱を「大和魂」をバネに世界に挑んでいった多くの日本人がいました。

1947年(昭和22)の日本水泳選手権の400米自由形で4分38秒4の世界記録をだした古橋廣之進は、1948年のロンドンオリンッピクへの参加を認められませんでしたが、その後も世界新を連発し、1949年8月の全米水泳選手権への参加が認められ、そこで400米、800米、1500米の自由形で、同僚の橋爪と共に圧倒的な世界新記録で優勝。
特に1500米では当時の世界記録を16秒も上回る記録で、一躍「フジヤマのトビウオ」と全米ならず世界中を驚かせました。
この一挙で敗戦に打ちひしがれていた日本人は大いに勇気づけられました。

更に同年の10月に、湯川秀樹博士が1934年に発表した論文で、その存在を予言した「中間子」の存在が確認され、ノーベル賞を授賞され、頭でも負けていないと更に日本人は自信を強めました。

それから3年後のこの日、後楽園スタジアムでNBAフライ級タイトルマッチが行われ、白井義男がチャンピオンのダド・マリノ(米国)を判定で破り、日本人初の世界チャンピオンになりました。
当時のボクシングの世界チャンピオンはNBA(現WBA)だけが認定していましたので、今の乱造チャンピオンとは違い、世界に8人しかいませんでした。
日本人は大いに又鬱憤を晴らすと同時に、「やればできる」という自信を確かなものにしました。

其れから40年後の1992年、空前の我世の春、幸福と贅沢を齎らしたバブル景気が崩壊し、誰の目にも今迄の勢いが無くなって行くのが分かり始めた様でした。
更にその19年後の今日、一旦緩んだ精神構造のネジの巻直には、再び幕末明治、戦後の我武者羅が必要だと思いますが、相変わらずの茹でガエル状態のその最中の東北関東大地震、大津波、原発崩壊。
このうえ何が起これば、日本人は、菅直人民主党政権は正気に返るのでしょうか。


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.