公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2011/10/15
居抜き譲渡

10月も半ばというのに暖かい日が続いています。
予報では、今年の秋冬は寒暖の差が激しいという事ですが、それにしても25度超の連続には驚かされます。
今年はどんな冬になるのでしょうか。


居抜き譲渡
飲食店等の内装設備等をそのままの状態(「居抜き」)で売買、あるいは賃貸するケースがあります。
個人が居抜き譲渡をする場合、譲渡所得に該当する事になり、土地・建物と一体化している空調設備や照明設備等は分離課税となりますが、それ以外の厨房設備等は総合課税となりますので両者の区別が必要になります。
譲渡損が発生した場合、分離課税の場合は他所得との損益通算はできませんが、総合課税の場合は出来ます。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則

経営の目的は顧客を創造する事である。
提供する財やサービスに対して進んで支払いをし、経済的な資源を富に変えたものを商品に変えるのは顧客である(P.F.ドラッカー)。

そして弱者の経営戦略の基本は、部分1位主義にあり、市場占有率1位の商品や、地域や販売ルートを作ることが経営の初歩になりますから、これを忘れずに徹することが大事です。

ある投資家(米国の著名投資家、億万長者のバフェット?)が金儲けの基本は2つあると言っています。

第1条 損をしないようにする。
第2条 第1条を忘れないこと。

経営弱者もこれに倣い、

第1条 部分1位主義に徹する。
第2条 第1条を忘れないこと。

とすると良いかもしれません。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)


今日はどんな日?

10月7日 アンナ・ポリトコフスカヤ(ロシア女性ジャーナリスト)暗殺
2006年(平成18)

1952年(昭和27) ロシア首相で元・次期大統領プーチンの誕生日

アンナ・ポリトコフスカヤはノーバヤ・ガゼーダ新聞社の記者でしたが、1999年から時のプーチン首相の主動で始まった第2次チェチェン進攻を、現地チェチェンに入り取材。
現地の住民の声等の取材記事を書き、また両者の軍事力の不当行使、拷問等の残虐行為を非難しました。
その活動に対して、ロシアジャーナリスト同盟から「ロシア黄金のペン賞」を授与されました(2000年)。
翌年には、アムネスティインターナショナル英国支部より「世界人権報道者」、国際ルポルタージュ文学賞「ユリシーズ賞」を授与されました。

彼女の勤めている新聞社はもともと反政府的な論調でしたが、プーチン大統領の強権的政治体制に批判を強め、彼女はその有力な主動者とみなされて、2004年にはKGBよって毒殺されそうになりましたが、一命を取り留めました。
その翌々年のこの日、自宅アパートのエレベータ内で頭部等を銃撃され死亡しているのが発見されました。
因みにこの日はプーチンの54歳の誕生日でした。
単なる偶然の一致でしょうか?

後に見張り役などとして現場にいたとされる数人が、逮捕され起訴されましたが、全員無罪となり真相は闇の中ですが、治安当局が関与しているのは公然の秘密状態です。
2000年以降ロシアではジャーナリスト22名が暗殺されていますが、犯人は1人も逮捕されていません。

治安当局の陰にプーチン在り?大統領復帰が決まっているプーチンのこれからの2期12年の政治は、一段と闇の深さを増していくのでしょう。
そして軍事力を背景に南下を目指すのは、19世紀の帝政ロシアと同じです。



2011/10/31 結婚祝い金品等

野田総理、政権は全く存在感無し。
ボクシングでいえば、にらみ合い、たまにジャブを出すだけの4回戦ボーイ。
あの光の無い鈍よりしたドングリ眼は、何を見ているのでしょうか。
先が思い遣られます。

結婚祝い金品等
使用者(会社等)から役員または使用人に対して、雇用契約に基づいて支給される結婚や出産等の、お祝い金や記念品等は原則として給与とされますが、その地位等に照らして社会通念上相当と認められるものは課税されません。
詳しくは事務所まで。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則
弱者は強者を攻撃目標にしてはいけない

弱者の経営は部分1位主義に徹することが基本になりますから、どの地域で1位を目指すか、どの商品で1位を目指すかなどを決める必要があります。
強者の力の弱い地域や、強者が扱っていない商品を探すか作り出すことが必要になります。
中には強者と張り合って失敗する経営者もいますが、それは凡そ6つのタイプになるようです。

1 強い相手に挑戦する事が格好いいと思っている。
2 自己中心的な考え方が強く、自分は例外だと思いたがる。
3 勉強不足による勘違いから、「盲人蛇におじず」的に無謀なことをそれと知らずにやる。
4 格上の会社にあまりにも度外れた対抗意識を持ち、過度に攻撃的になる。
5 嫉妬心が強く、自尊心も強く自分の現状を忘れる。
6 素直さに欠け、業績不振を他人や制度や環境のせいにする。
「、、、が悪い。あれも悪い。これも悪い。」


(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

10月27日 吉田松陰刑死(斬首)
1859年(安政6)
1853年(嘉永6)米国海軍提督ペリーの浦賀来航に衝撃を受けた若き吉田松陰(当時満23歳)は、密航によるアメリカ留学を計画、翌年再来日したペリーの軍艦に乗り込み密航を図るも、日本との条約交渉の支障になりかねないと恐れるペリーはこれを拒絶しました。

乗り捨てた子船からいずれ事態が発覚するであろうと奉行所に出頭し、江戸伝馬町牢屋敷に送られ、詮議の結果、長州藩預けとなり萩郊外の野山獄に入れられることとなりました。
翌安政4年出獄を許され、叔父が主宰していた松下村塾を引き継ぎ、1年半ほどの間に、久坂玄瑞、高杉新作、伊藤博文等明治維新の立役者を多数輩出しました。

翌年幕府が朝廷の許可を得ず、日米修好通商条約を結んだことに激怒した松陰は、老中間部詮勝の暗殺を計画するも、久坂玄瑞、高杉新作、桂小五郎らに反対され未遂に終わりましたが、反幕府的な過激な言動により再び野山獄送りとなり、間もなく始まった大老井伊直弼の「安政の大獄」に連座する形で江戸伝馬町送りとなりました。

幕府首脳の大半は計画が頓挫し、自供も素直に行っているので「遠島」と思っていましたが、松陰自身が死罪を主張する等の過激な言辞が直弼の逆鱗に触れ死罪と決し、この日、伝馬町牢内で斬首されました。
辞世は「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」。
享年満29。

墓所は1863年(文久3)、現在の世田谷区若林に改葬され松陰神社となっています。
隣接して「松陰先生の隣で眠りたい。」と遺言した、桂太郎元総理大臣の墓所もあります。
近くの国士舘大学に仕事でよく行っていましたので、何度かお参りしたことがあります。

しかし歴史の皮肉か偶然か、そこから目と鼻の先(直線距離で約800M)の豪徳寺が井伊家の菩提寺で、松陰斬首から約5カ月後の万延元年3月24日、桜田門外で水戸浪士らに殺害された直弼の墓所があります。
この凡そ150年の間、あの世の御近所付き合いで、二人は何を見、何を話してきたのでしょうか。
彼らの死を無駄にしない様にしたいものです。


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.