公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2011/11/15
自社商品、製品等の社内値引き販売

使用者(会社等)が使用人等に対して、自社商品等を値引き販売する場合の経済的利益は、
@販売価額が取得価額以上で且、通常の販売価額の70%程度以上で、
A全員一律、あるいは地位、勤続年数等に応じて妥当なバランスの格差を定めており、 B販売数量が通常の家事消費量程度である場合は、課税されません。


詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則
弱者は勝ちやすいところを探して勝ち自信をつける

経営の目的は顧客を創造することである(P.F.ドラッカー)。
しかしそれは同業者の顧客を奪い取ることでもあります。

アサヒのスーパードライがキリンの牙城を崩したのは、スーパードライというそれまでにない味わいのビールを作り、それを嗜好する新しい顧客を作ることにより、キリンビールの味に慣れていた顧客を奪ったという事です。
中小企業たる弱者は、それほどの大それたことはできませんが、そのエッセンス(本質、精髄)は参考にすべきでしょう。
一番いいのは、孫子の兵法で言う「戦わずして勝つ。」という事です。
誰もやっていない事をやるのがそれです。
誰もやっていない、サービスや商品を扱う、誰もやっていない場所でやる等。

大昔から戦争にしろ商売にしろ、誰ももやっていないことをやった人が大成功しています。
其れを参考に身近で出来る、誰もやっていない事を探すのが弱者の経営の第一歩。
(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)


今日はどんな日?

11月15日 横田めぐみさん拉致さる
1977年(昭和52)

1970年代から80年代にかけて日本各地で不審な行方不明事件が頻発しました。
特にこの日夕方新潟市で発生した、中学校からの帰宅途中の横田めぐみさん(当時13歳、昭和39年10月5日生まれ)の拉致事件は、目撃情報もあり単なる行方不明事件ではなく明確な拉致事件として当初から捜査されました。

北朝鮮の関与が指摘されましたが、国交もない独裁国家のことであり、長らく半ばほとんど放置されて来ました。
朝鮮総連は勿論、在日朝鮮人のほとんど、あるいは旧社会党系の国会議員、政治家、運動家の多くは拉致すら否定し、日本の謀略と言い募ってきました。

2002年((平成14)9月17日、小泉首相の北朝鮮訪問時の金正日北朝鮮最高指導者との会談で、漸く公式に横田めぐみさんを含む拉致被害者の存在が明らかにされ、金正日は口頭で謝罪しました。
これにより先の人々は反省し謝罪する人々もありますが、朝鮮総連や朝鮮人学校では、でたらめな歴史を振りかざし、「、、、日本に、拉致を非難するする資格はない。」などと開き直っています。

しかし北朝鮮は日本が認定する17人の拉致被害者の内、帰国した5人以外の横田めぐみさんを含む8人は死亡、4人は拉致自体を否定し拉致問題は解決済みと主張しています。
今の民主党内閣は旧社会党系、菅直人系の市民運動家上がりなど、拉致問題にはほとんど口先ばかりの対応しかしていません。
「拉致」はテロ行為であるというのは世界の常識ですが、この世界の常識が日本では、特に民主党内では通用しないようです。



2011/11/30 従業員等の研修費

大阪のダブル選挙、大阪維新の会の大勝利。
国旗、国歌に反対する日教組的教職員、税金泥棒的な役人に溜まった膿を、徹底的に絞り出してもらいたいものです。
さすれば他県も、更には日本中が以って他山の石とするようになるでしょう。

結婚祝い金品等
使用者(会社等)が使用人等に対して、その業務の遂行上必要な技術や知識の習得、または免許や資格を取得させるために、研修会、講習会、大学等における授業を受けるのに必要な費用に充てるために支給する金品は、それが内容的、金額的に適正なものであれば課税されません。
詳しくは事務所まで。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則
弱者は強者のいない市場で勝つ

スーパー「ダイエー」
1957年(昭和32)大阪に「主婦の店ダイエー薬局」としてスタートした「ダイエー」は、戦後の高度成長の波に乗り1972年には三越を抜いて小売業で売上高日本一となり、1980年には小売業として初めて売上高1兆円を達成しました。
これは戦後復興、高度成長という波に乗ったという事もありますが、何よりこのスーパー業界に強者がいなかったことが幸いしています。
勿論ただ単に波に乗り、運が良かっただけではありません。
天下の松下電器等を相手に、「価格破壊」「いいものをより安く」等をモットーに死に物狂いの努力をしました。
しかしその努力が報われたのは、圧倒的な強者がいなかったからとも言えます。
努力のし甲斐があるかどうか、それが問題です。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

11月20日 回天特別攻撃隊米艦隊撃沈
1944年(昭和19)
1942年(昭和17)6月のミッドウェイ海戦で空母4隻を失ったとはいえ、海軍の戦力はまだ日本の方が米国を上回っていました。
しかしその海戦のおよそ2カ月後から始まった、ソロモン諸島ガダルカナル島での米軍との約半年に及ぶ激闘に敗れ、またこの激闘で航空機、同搭乗員、輸送船、駆逐艦等が大量に失われた結果、航空戦闘能力が低下し、物資の輸送能力が激減し、また海軍の作戦能力も低下しました。

これを機に、彼我の工業力の差が目立ち始め、戦局打開のためには「有人に拠る水中攻撃兵器」以外にはないとの意見が出ましたが、海軍当局は、「生還の見込みの無い出撃は許可しない。」と、意見を却下しました。
しかし戦局の悪化に伴い、昭和19年2月26日「乗員の脱出装置なしでは兵器として絶対に採用しない。」との条件付で、「回天」と命名され、九三式三型魚雷(酸素魚雷)の改造試作が認められましたが、実際には脱出装置が間に合わず、同装置無しで製造されました。
同年9月1日山口県大津島に、板倉光馬少佐、黒木博司大尉、仁科関夫中尉が中心となって、志願者を募り訓練を開始しました。

そして昼夜兼行の猛烈な訓練を修了した、優秀な者から順次出撃していきました。
同年11月8日、仁科中尉を隊長とする回天特別攻撃隊菊水隊12名が初出撃。
そしてこの日、西太平洋ウルシー環礁に停泊中の米艦隊群に突入し、12艇中、仁科を始め5艇が突撃に成功。
数隻を瞬時に撃沈。
時に仁科関夫21歳。

「神風特攻機」と並び「回天」もまた米軍に与えた物理的、心理的脅威は測り知れません。
米国をして日本に対する無条件降服を断念させ、天皇制の存続を含む条件付降伏を決断させたのは、この特攻兵器、特攻作戦であったと言われています。
因みにこの特攻作戦は、アラブ等の自爆テロと違い、戦闘行為です。
念のために。


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2010 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.