公認会計士・津城俊幸のブログ ヘッダー2
津城俊幸プロフィール
プロフィール ヘッダー
仕事や職場で群れるのが嫌い、と言うより馴染めない。で、公認会計士、税理士の資格が取れたところで、何の見通しもなかったのですが、独立しました。
プロフィール
結果はオーライ、大正解。自分にあった場所を選ぶことが大事と納得。専門馬鹿にならない様に気をつけています。
プロフィール
ちなみに、星座は蟹、血はA型、RH +。趣味は酒杯片手に読書そして瞑想。最近は、主に芋焼酎です。
公認会計士・税理士 津城俊幸
プロフィール フッター
バックナンバー
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2016年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2016年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2016年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2016年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2016年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2016年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2016年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2016年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2016年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2015年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2015年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2015年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2015年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2015年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2015年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2015年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2015年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2015年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2015年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2015年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2014年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2014年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2014年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2014年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2014年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2014年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2014年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2014年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2014年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2014年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2014年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2014年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2013年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2013年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2013年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2013年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2013年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2013年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2013年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2013年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2013年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2013年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2013年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2012年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2012年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2012年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2012年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2012年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2012年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2012年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2012年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2012年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2012年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2012年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2011年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2011年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2011年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2011年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2011年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2011年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2011年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2011年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2011年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2011年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2010年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2010年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2010年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2010年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2010年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2010年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2010年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2010年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2010年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2010年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2010年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2010年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2009年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2009年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2009年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2009年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2009年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2009年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2009年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2009年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2009年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2009年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2009年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2008年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2008年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2008年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2008年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2008年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2008年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー4月
2008年 4月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2008年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2008年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー1月
2008年 1月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー11月
2007年 11月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー10月
2007年 10月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー9月
2007年 9月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー8月
2007年 8月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー7月
2007年 7月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー6月
2007年 6月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー5月
2007年 5月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー3月
2007年 3月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー2月
2007年 2月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー12月
2006年 12月
公認会計士・津城俊幸のブログ バックナンバー フッター

2012/9/15
特定役員等の勤続年数

支那の横暴ぶりは目にあまるものがあります。
21世紀の今日、世界注視の中で、武力による他国領土侵略などあり得るのかと思っていますが、59年前の竹島では、韓国による武力占領が行われました。

特定役員等の勤続年数
役員等の勤続年数が、5年以下の特定役員に該当する人に支給する退職金については、2分の1控除の特例がなくなりました。
勤続年数は1年未満の勤続年数が1年に切り上げとなるので、5年1月の勤続年数の役員については6年と数えることになります。

詳しくは事務所まで。


ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則

粗利益と純利益

1 売上高−売上原価=粗利益

2 粗利益−経費(販売費、管理費、人件費)=経常利益

3 経常利益−営業外損益(利息の受け払い等)=税引き前純利益

4 税引き前純利益−税金=税引き後純利益

粗利益を100とすると、経費(販売費、管理費、人件費)は約90で、経常利益は10となり、税引き前利益が8、税引き後純利益は約5(実効税率40%)と言うのが中小企業の平均です。
粗利益率が10%増えるとどうなるか、反対に減るとどうなるか、それぞれ計算してみてください。
経費率が10%増える、減るの影響も同様に計算してみてください。
計算は正確にすれば、数字は経営の現状と将来を、紛れもなく語ることになるでしょう。


(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)


今日はどんな日?

9月4日 日本遼陽会戦に勝利
1904年(明治37) 

朝鮮半島や満州の権益を巡り、1904年(明治37)2月8日から始まった日露戦争で、日本は当初から資金不足に悩まされ、ロンドンで公債の募集をしながらの戦争で、又シベリヤ鉄道が完成しロシアの兵力等の輸送が始まれば圧倒的不利が予想されましたので、短期決戦を計画していました。

連合艦隊は海戦でロシアを圧倒し、ロシア東洋艦隊を旅順港に封鎖し制海権を確保しました。
かたや陸軍は第3軍(乃木希典)が旅順要塞攻略を担当し、第1軍(黒木為驕jが朝鮮半島の大同江に上陸し、鴨緑江会戦し勝利し、第2軍(奥保鞏)も大連を占領。
両軍は第4軍(野津道貫)と共に遼陽を目指し進撃しました。

一方ロシア側は、陸軍大臣のクロパトキンが満州軍総司令官として赴任、遼陽を2カ月かけて要塞化し、日本軍を迎え撃つべく待ち受けていました。

日本軍は遼陽に集結し、8月24日から攻撃を開始しました。
遼陽は南満州において、奉天に次ぐ第2の大都市であり戸数およそ3万戸。
ここに世界中が注目する中、ロシア軍15万、日本軍12万の大軍が、がっぷり4つに組んだ世界史的に見ても大規模な会戦が始まりました。
一進一退の激戦でしたが日本の攻勢に、ロシアは要塞化した陣地を頼みに受け身的に対応し、特に左翼を攻めてきた黒木の第1軍を、鴨緑江会戦で手もなく敗れて以来、クロパトキンは極度に恐れており、その攻勢に退路を断たれることを恐れ、9月4日奉天への退却を指令し、遼陽から撤退しました。

クロパトキンは奥地へ日本軍を引き込むための、ロシアの伝統的な「戦略的な撤退」と言いつのり、勝利宣言しましたが、日本もロシア軍主力を打漏らしたものの、遼陽を占領したとして勝利宣言し、会戦の詳細を発表すると、ロンドンの日本公債の売り出しは活況を呈し、ひとまず資金の調達は成功しました。
その後も負けられない戦争に連戦連勝し、辛うじて勝利を得ることが出来ましたが、この遼陽の会戦に敗れていれば、公債募集は失敗し戦費不足で、日本陸軍は満州の荒野に野垂れ死にしたかもしれません。
その結果、満州と朝鮮はロシアの手に落ち、更に支那の北京を含む北部3分の1と、日本も少なくとも北海道と九州は、ロシア領となった事でしょう。



2012/9/30 災害用備品の購入費用

日本が尖閣諸島を盗んだとか、ポツダム宣言などで同島は中国領とされているなど、支那の帝国主義的な言動を、世界中が非難していますが、この遅れて来た帝国主義者に、果たしてどこまで通じるか。


災害用備品の購入費用
災害に備えて非常用の食料品や、毛布などの消耗品は、購入時に損金経理できます。
通常消耗品は購入時ではなく、実際に消費した時に損金経理するのが原則ですが、非常時に備えて購入備蓄すること自体が、事業の用に供する事になるとして、購入時に損金経理が出来ることになります。

詳しくは事務所まで。



ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室

弱者の経営基本原則
社長の情報の集め方

業績のさらなる向上や、他社との差別化、新製品や新営業分野に進出など、会社の経営に必要なするのに必要な情報はほぼ100%会社の外にあります。社長を含めた営業社員は外部のお客からの情報収集を常に心がけねばなりません。
しかし、人間はある一定レベル以上の信頼関係にならないと、本心は明かしませんし、本当のことを言ってくれません。

そこで「売り込み」の野心を一切ぬきにした、定期的な訪問・面談が出来るような手立てを考える必要があります。
それが出来るようになると以下のような情報が入ってくるようになります。


お客の自社の営業や寺社の商品・サービスに対する不満


お客の自社に対する期待、自社の商品やサービスに対する期待や要求


競争相手の営業方法や、新製品情報等、更には今までにはない新しい動き

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)



今日はどんな日?

9月18日 柳条湖事件勃発、満州事変へ
1931年(昭和6)
1895年(明治28)の日清戦争による日本の勝利のより、「眠れる獅子」と恐れられていた清国(支那)に対する列強の侵略は一段と激しくなりました。
1900年の「義和団事変」に便乗して満州を占拠し、更には朝鮮・日本にまでに領土拡張を目指していたロシアを1905.年の日露戦争で撃退した日本は、当時の国際法に則りロシアと講和し、満州におけるロシアの権益を清国の承認のもとに引き継ぎ、その権益を守るために軍を配置したのも清国との条約によるもので、一方的侵略的に軍事侵攻したわけではありません。

日本は他の列強とは違い、単に満州を自国製品の売り込みの為の市場としてばかりでなく、資源開発・殖産興業により、「五族(日本・支那・満州・朝鮮・蒙古)協和」をスローガンとした共存共栄を目指していました。
当時清国には日露のほかに英米独仏が、それぞれ清国との条約に軍隊を駐留させていました。
しかしこの満州の日本軍に対して蒋介石の国民党軍は頻繁にテロ行為を繰り返し、邦人に対する大規模な暴行・惨殺事件が繰り返されました。
たとえて言えば日米安保条約により日本に駐留している米軍を自衛隊が攻撃し、米港軍人やその家族等を暴行・惨殺するようなものです。
日本は辛抱強く平和的な解決を求めましたが、その都度裏切られて、一向に事態の改善が見られず、国民党政府の日本だけを「目の敵」にしたテロ行為が20年以上も続いていました。

このような状況の中、1928年関東軍作戦主任参謀として満州に赴任した石原莞爾は、事態の根本的な解決を図るべく満州国の独立を計画し、この日の柳条湖事件をきっかけに、約23万の国民党軍を相手に、僅か1万数千の関東軍で立ち向かい満州を占拠し、翌年3月1日には満州族の後裔たる、清朝ラストエンペラー愛新覚羅溥儀を元首とする満州国を建国しました。

これは支那共産党政府流の言い方をすれば、「全ての原因は、国際法を無視した、蒋介石の国民党政府の対日テロ行為にある。」と言う事になり、アメリカ流にいえば「テロ行為に対する正当防衛である。」と言う事になります。

いずれにしろ、支那共産党政府のチベットやウイグル侵略・領有や、アメリカのハワイ併合よりは、遥かに合法的だったと思われます。


津城俊幸著 小冊子一覧
津城俊幸著 小冊子一覧1
間違いだらけの経営
津城俊幸著 小冊子一覧2
まだ独立はするな!
津城俊幸著 小冊子一覧3
二代目社長の経営学入門
津城俊幸著 小冊子一覧フッター
情報リンク
相互リンクヘッター
津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所

マネージメントソフト 有限会社

保険情報NET

有限会社 せきぐち保険事務所
相互リンクフッター
Copyright (C) 2004 - 2012 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.
Copyright (C) 2004 - 2012 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 all Rights Reserved.