俊ちゃんニュースレター   翔牛(しょうぎゅう)  7号 平成17年3月9日     

発行所;津城公認会計士事務所 編集者;津城俊幸 電話03−3654−8130ファックス03−5607−2482 

 

事務所便り

行事 個人の確定申告の作業の真っ最中です。この時期になるといつも思うのですが、書類の準備が早い人はいつも早く、今年は遅いということがありません。また、いつも遅い人が今年は珍しく早いねということもまずありません。性格といいますか、習慣といいますか、面白いものですね。

猫のミーコ(事務所で飼っているメス猫です)2月27日午前11時30分ごろ事務所の玄関内で死亡しているのを私が発見しました。死亡時間は、前夜から当日の深夜にかけての時間帯と思われます。享年は、推定で9歳位と思われます。年が明けてから食が細くて、前日の土曜日などはほとんど食べていないようでしたが、特別苦しがっているような気配は特になく、老衰と思われます。(合掌)

 

ランチェスター戦略による〈社長の経営戦略教室〉〜社長の実力向上の公式〜

 素質が、100人中5番以下の人は、実力を高めるために、一定期間、学習の「量稽古」を積まないと、決して実力は高くなりません。学習効果の公式は、ランチェスター戦略によると、以下の様になります。

 

      学習効果=素質 X 教材 X 学習回数の2乗

 

素質 どれくらいの素質が必要かは、特別の基準はありません。どんな人でも向上意欲があれば、あとは教材と、学習回数(学習時間)次第ということになります。

教材 3つの要素の内でこの教材の選び方が1番大事ですが、いい教材を探すのが、難しいというか、人によって、それこそ10人10色で、なかなか「これだ」と言う教材に出会いにくいものです。本当に良い本は100冊に1冊ぐらい。本当に役に立つセミナーや講演会も、30〜50に1つぐらいしかありません。どちらも発見するのが大変です。いい教材があれば、後はただひたすら繰り返し、その教材で勉強すればいいわけです。では納得できる教材を発見できたとして、どのくらいの費用をかければ良いでしょうか?大よそ以下のような金額を目安にして頂ければと思います。これは最低限と思っていただいたほうが良いと思います。

 

   従業員の人数    年間の教材費   月当たりの教材費

   1〜 10人        30万円        2.5万円

  10〜 30人        60万円        5.0万円

  30〜100人        100万円       8.0万円

 

また個人の場合、目標年収の3%ぐらいの金をかけて勉強すべきだという人もいます。私もこの考えに賛成です。それによれば、以下のようになります。ちなみに、私は昨年210万円ほどの教材を購入し、学習中です。

 

   目標年収      年間の教材費   月当たりの教材費

1000万円       30万円         2.5万円

5000万円       150万円       12.5万円

1億円        300万円       25.0万円

 

学習回数 3,4回読んだぐらいでは話になりません。最低でも20回、できれば50回。理想は100回ぐらいを目標にすべきです。企業の規模別の学習時間の目安としては以下のようになります。ちなみに、私は月に40時間、年間480時間以上を目標に学習計画を立てて実践中です。

 

   従業員の人数      年間学習時間      月あたりの学習時間

   1〜 10人        100〜150時間       1.5〜2日

   10〜 30人       150〜300時間       2〜4日

   30〜100人       300〜600時間       4〜7日

 

雑情報 今日はどんな日

3月14日 1701年(元禄14年)。播州赤穂城主、浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が、幕府高家吉良上野介義央(きらこうづけのすけよしなか)に江戸城松の廊下で刃傷に及ぶ事件発生の日。後は皆様ご存知の「忠臣蔵」となるのでございます。

3月24日 1185年(寿永4年)。源平の戦いの最後の大決戦、「壇ノ浦の戦い」が行われた日。当時8歳の安徳天皇とともに、平家一門ことごとく海の藻屑と消えました。このとき三種の神器のうちの一つ,「草薙の剣」も海中に失われてしまいました。

 

数字は語る

117,302人 2004年5月1日現在の留学整数。国別等によると、中国77,713人、韓国15,533人、台湾4,096人、など。受け入れ大学は東京が一番多くて2,056人。中曽根内閣の留学生10万人計画は、ともかくも達成されはしたが・・・。

8万7千人 全国の暴力団の構成員と順構成員の総数前年比で約1200人の増加。構成員約44,300人、準構成員が約42,700人。山口組、稲川会、住吉会の主要3団体で、約61,300人と全体の70.5%を占める。山口組は、総数の約45.1%を占めている。山口組は相変わらず多いですね。

 

編集後記

「年が明けたと思ったら、はやもう3月。時のたつ速さを思うにつけ、時間を大切に「時は金なり」を実感させられます。猫の「ミーコ」の不在にも慣れていく今日この頃です。