俊ちゃんニュースレター 翔牛(しょうぎゅう)第9号 平成17年8月10日     

発行所;津城公認会計士事務所   http://www.cpa−tsushiro.com

                       TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482

 

事務所便り 行事 8月9日(火曜日)。なぜか偶然大安の日でしたが、江戸川区役所の向かい側の裏手の知人のイタリアンレストランで暑気払いをしました。参加人員は小生以下5名。

その他 夏休みは13(土)から21日(日)までです。17日以降は川島が出勤予定です。

 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室 

 

「必ず勝つ!」社長の仕事時間とは? (前回の続きです)

第2次世界大戦が始まる前に、アメリカは日本やドイツとの戦争は避けられないと考えて、戦争の勝ち方の研究を、数学者や物理学者を集めてひそかに始めました。その結果、ランチェスターの法則とゲームの理論を組み合わせた「必勝の理論」を導き出しました。その内容は、特定2国間の戦争では、敵の2.83倍の戦力を投入することが必勝の最低条件というものでした。

 

 これを経営に応用すれば、たとえば目標の達成期間が1年以内という場合は、2.83倍の必勝の条件を作ることが必要ということになります。社長の仕事時間を考える場合は、量は2乗作用が働きますから、その平方根の時間ということになり、それを計算すれば、1.68倍(2.83の平方根)ということになります。通常の仕事時間(あるいは業界の平均の仕事時間またはライバル社長の仕事時間)を8時間とすれば 8時間X1.68=13.44時間となります。

 

検算 8の2乗=64 13.44の2乗=180.63  180.63/64=2.83

 

 1年では、約3500時間(260日X13,44時間)が必勝の仕事時間という事になります。一日13時間も無理と言う人は、休日を減らして、一日あたりの時間を少なくするしかありません。休日の半分は通常どおり仕事をするとすれば、11.18時間(3500時間/313日)、休み無しということになれば、9.58時間(3500時間/365日)となります。後の問題はその中身、質ということになりますが、まず量を増やすことから始めてみては如何でしょうか。

 

雑情報 今日はどんな日

8月15日 ナポレオンの誕生日 1769年 日本の終戦記念日が奇しくもナポレオンの誕生日だとは面白い発見でした。ナポレオンを知らない人はいませんよね。ちなみに,亡くなったのは、1821年5月5日、場所は大西洋の絶海の孤島、セント・ヘレナ島でした。享年51歳8ヶ月。

 

独り言 いつの間にかこんなになってしまって・・・

サプリメント事始 何時ごろの事だったのかハッキリとは思い出せないのですが、その当時はまだタバコを吸っていましたから、およそ15年ぐらいは昔の事だとは思います。そのころ口角炎で悩んでいまして、「塗り薬だけではだめですよ」と言われて、勧められたビタミン剤(チョコらBB)がそもそもの始まりでした。そのおかげで口角炎は治りました。今では以下のとおりです。どれも普段の食生活ではなかなか摂れない物です。(自己弁護)ただし、目安の量の半分から1/4位と少なめに摂っています。

モロヘイヤ、青汁、ローヤルゼリー、セサミン(DHA,EPA入り)すっぽん粉末、ウコン、ガゼツ、ビタミンB,C、カルシュウム、エビオス(ビール酵母)イチョウ葉エキス、マカ、亜鉛、アガリクス茸、玄米黒酢、蜂蜜、ニンニク卵黄、

 

編集後記

 お盆休み前に9号の発行をと思っていたので、何とか間に合ってほっとしています。本当に暑いのもあと少しだと思います。