ニュースレター   翔牛(しょうぎゅう)   105号  平成22年6月19日 

発行所 津城公認会計士事務所                    http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482                 (バックナンバーはHPやブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

ランチェスター戦略の実例   売り場面積と売上高の関係

スーパーやデパートなどの業種では、売り場面積の広さが売上高に関係してきます。

仮設例 近隣に2つの店 売り場面積        A店は1000u        B店は500u 

売上高はその面積の2乗比になります。 A店の売上高=40億円   B店の売上高=10億円 

前提条件 他の条件、取扱商品や店員の販売能力などはまったく同一とした場合。

現実には他の条件が全く同じということはありませんので誤差が出ます。

新宿のカメラ販売店のケース  ここ20年ほど新宿駅周辺のカメラ屋をブラつき回っていていました。昔はヨドバシカメラのほかに中小のカメラ屋がいくつかありましたが、私が知っているだけでも、まず、「カメラのドイ」がいつの間にか店じまいし、「カメラのサクラヤ」が倒産しました。ヨドバシカメラ、ビッグカメラ等に此の2乗比の法則でやられたとしか思えません。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)

 

 税金一口メモ    給与所得 社内で支給する食事代で非課税とされるもの  

使用人等に対して支給する食事については、実際に徴収している額が実費の50%以上である場合は課税されません。ただし実費マイナス徴収額が3500円を超えているときはその残額相当額は課税されます。(9000-4500=4500円は課税対象になります。9000-3500=6500円を徴収していれば非課税。)詳しくは事務所まで。(h22.03P297

雑情報 その1 今日はどんな  6月19日 1960年(昭和35) 岸首相 首相官邸を去る

大東亜戦争の敗戦後の6年に及ぶ連合国軍による日本占領が、1956年(昭和26)のサンフランシスコ平和条約の締結によりようやく終わり独立国となりましたが、東西冷戦の最中、軍事力を放棄させられた平和憲法下での安全保障を米国に依存するのやむなき状況にあり、日米安全保障条約をも同時に締結しました。

それから10年、1960年(昭和35)安保条約の改定に当たり、これに反対する左派勢力は、学生(全学連)や労働組合(総評等)を中心として激しい反対運動を展開しました。また旧ソ連による日米の離間工作の為に、共産党、社会党、総評などにかなりの援助資金が投入されていたことがのちに明らかになる等、東西冷戦の代理闘争的な側面もありました。

全学連の国会突入計画など反対運動はますます過激さを増し、6月15日には国会突入を図るデモ隊と警官隊のもみあいの中で東大生の樺美智子さんが圧死するなど、騒乱はピークに達しました。首相官邸もデモ隊に包囲され、岸首相の陸上自衛隊出動要請を、防衛庁長官の赤城宗徳が拒否し、岸首相は官邸に缶詰め状態にされ、実弟の佐藤栄作をとともに、官邸を枕に自決を覚悟したほどでした。

この日の午前零時、改定日米安保は自然承認となり、デモ隊が引き揚げた朝まだき、岸首相は静かに官邸を後にしました。その時「棺を蓋いて事定まる」という言葉を残したそうです。

此の時のデモに参加した大部分の学生・労働者は、安保条約について何が問題なのかすら知らずに「アンポ反対。アンポ反対。」と叫んでいただけなのも事実のようです。「なんとなく、皆で集まってワイワイ騒ぐのが楽しかった。」と言っていた、さる有名作家もいました。「安保条約のせいで日本が戦争に巻き込まれる、アメリカの戦争のお先棒担ぐようになる」から反対だという、平和憲法を無視した荒唐無稽な、非論理的な議論が左翼陣営から大真面目に主張されました。その点は何の進歩もなく、今も全く同様です。

それから50年、日本は世界の顰蹙を買いながら昭和元禄に浮かれ、バブルに浮かれ一国平和主義を満喫してきました。とまれ、日米安保条約が日本はもちろん東アジアの平和に貢献し、必要不可欠の条約であったとの歴史的評価な評価はほぼ定まったと言ってよいでしょう。「水と安全はタダ。」と思っている能天気な日本人は相変わらず多いようですが。

その2 彼は言った、、、 「ラ・ロシュフコー箴言集」より

最も賢明な人びとも、どうでもよいことにおいては賢明だが、彼ら自身にとって最も深刻な事柄において賢明であるためしは、まずない。

最も微妙な狂気は最も微妙な叡智より成る。

編集後記あるいは近況報告・雑感 (ご不用の方はお申し出くださいます様、お願い致します。)

菅総理、「国旗国歌法」に反対し、シン・ガンスン(=北朝鮮工作員で韓国において拉致事件等で死刑判決後、特赦により出獄。)の助命嘆願書に署名がばれて、「彼が含まれているのに気付かなかった。」と幼稚な釈明。大丈夫か、この左巻きで。