ニュースレター   翔牛(しょうぎゅう)   114号  平成22年10月31日 

発行所 津城公認会計士事務所                    http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482                 (バックナンバーはHPやブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

市場占有率の計算方法と番外弱者

強者の最低条件は、市場占有率は26.1%で、2位との間に10対6の差をつける事でした。ここから10対6の比率で市場占有率を計算しランク付けをすると、自分の会社の市場における位置、あるいは目標市場占有率を知ることができます。

強者の最低条件26.1 中間者A=26.1×0.6=15.7以上  中間者B=15.7×0.6=9.4以上 

弱者A=9.4×0.6=5.6以上  弱者B=5.6×0.6=3.4  弱者C=3.4×0.6=2.0  番外=2.0未満 

1位の会社の市場占有率の大よそ10分の1以下の場合は、その生存自体が危なくなります。たとえばビールの出荷量はアサヒ48.2、キリン31.5、サッポロ13.7、サントリー5.7、オリオン0.9(%、2003年)で、オリオンは番外弱者で本来であれば倒産か、他社との合併で生き延びるかしかないはずですが、沖縄という地理的条件か、経済的な優遇策によるものと思われます。昔は、サントリーが番外弱者で倒産するはずでしたが、本業の洋酒部門からのテコ入れで生き延びてきました。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)

 

 税金一口メモ    給与所得  ゴルフクラブの年会費等  

使用者が、ゴルフクラブの年会費その他の年決め費用を負担している場合は、@入会金が法人の資産として計上されている場合は役員等(使用人を含む)が受ける経済的利益なし、A入会金が個人名義の場合はその役員等の給与等とされます。Bプレイ代等はその役員等の給与等とされますが、業務上の必要性がある場合は経済的利益はなし。詳しくは事務所まで。(h22.03p299)

雑情報 その1 今日はどんな  10月22日  1909年(明治42)  伊藤博文狙撃され死亡

日露戦争も辛うじて日本の勝利に終わり、朝鮮半島から支那東北部が日本の勢力圏となり、ようやく日本はロシアの虎口から逃れることができました。朝鮮は清国の属国たることから逃れ、ロシアの植民地たらん脅威から解放されましたが、それを多大の血を流して成し遂げた日本に対する感謝の念は薄く、清国には服従し、ロシアにはその庇護の下に在らんとしたにもかかわらず、身の程も弁えず、日本には対等たらんとする態度でした。

列強・諸外国は、朝鮮が日本の保護国たることを認め、当該地域の日本の支配による安定を望んでいました。1905年朝鮮統監府を置き初代統監に就任した伊藤博文は、内外の盛り上がる朝鮮併合論には反対で、保護国として統治しその国力の増進を図るべきと考えていました。

しかし、その伊藤の気も知らず、101年前のこの日、安重根はハルピン駅頭の群衆に紛れこみ伊藤を拳銃で狙撃し、その30分後伊藤は死亡しました。その翌年韓国併合が国際法に則して調印公布され、世界各国に承認されました。その後日本は現在の貨幣価値で約60兆円の巨費を全額日本の税金で賄い、朝鮮半島につぎ込みその近代化を図りましたが、これにも朝鮮人民は一顧だにせず、反対に悪意に満ちた評価が溢れています。

去る10月12日、ソウルで日韓親善サッカーが行われましたが、その会場に安重痕の巨大な肖像画が打ち振られ、「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕もありました。歴史を忘れた日本民族と言いたいのでしょうが、真の歴史を忘れ、2千年にわたりチャイナ(支那)に支配され続け痛めつけられてきた、自分たちに惨めな屈辱的な歴史を棚に上げ、チャイナ(支那)にはほとんど非難も謝罪要求もせず、日清・日露戦争から韓国併合、併合時代の35年間のみをことさら粉飾し、改竄し、自らを美化し、日本を貶めて憂さ晴らしをしているのは朝鮮人のほうです。

日本にも幕末から明治の不平等条約時代、終戦後のアメリカ占領時代の屈辱的な歴史はありますが、それを朝鮮人の様に粉飾したり、改竄したりはしていません。ましてや他国の性になどしていません。「歴史を忘れた朝鮮民族に未来はない。」と、朝鮮人自身が気が付く日は来るのでしょうか。

その2 彼は言った、、、 「ラ・ロシュフコー箴言集」より

われわれが常に善良でいられるためには、ほかの人たちが、もし我々に意地悪をすれば決してただでは済まないと信じている必要がある。

編集後記あるいは近況報告・雑感 (ご不用の方はお申し出くださいます様、お願い致します。)

ラ・ロシュフコーが400年以上前に言った上記の言葉の、後半部が全く存在していないのに、あたかも存在しているかのように錯覚し、あるいは思いこみ、あるいは希望するだけで、「ただでは済まさない手段と決意」を持とうとせず、ひたすら善良であり続けて居るのが今の日本です。これでいいのか!