ニュースレター   翔牛(しょうぎゅう)   134号  平成23年8月31日 

発行所 津城公認会計士事務所      http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482   (バックナンバーはHPやブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

強者(弱者の反面教師)の戦略に学ぶな(14) 強者は弱者の出る杭を打つ

強者は、2位以下の弱者が新製品を出し、それがヒットするとすぐ似た様な製品を出してつぶしにかかります。昔の松下電器(現パナソニック)がそうで、早川電気(現シャープ)、やソニーが新制品を出してそれがヒット商品になると、すぐ似たような製品を出して、優位な自社の販売ルートに乗せてたちまち売上高を伸ばし、あるいはシェアを横取りするなどして、弱者の勢いを潰してしまいました。真似した(松下)電気と揶揄されましが、強者の戦略としては有効な必須の方法です。

シャープは早まった(早川)電気、ソニーは業界モルモット等と言われましたが、それはそれで弱者の基本戦略で、強者のやらない事に活路を見出さざるを得ません。寡兵で大軍に正面衝突的な戦争を仕掛けてもかなうはずはありません。

松下戦略を怠り失敗したのが米国の自動車メーカーです。日本の燃費のいい小型車が売れ行き好調なことは知っていましたが、利幅のいい大型車にこだわり、小型車対策を怠ったために、石油ショック、排気ガス問題等で足元をすくわれ、あわてて小型車開発に着手しましたが、時すでに遅し、、凋落が始まりました。

(参考文献:竹田陽一著「ランチェスター 中小企業の成功戦略」ほか)

 税金一口メモ    相続財産に関する費用と債務控除   no.3175p45)

相続は積極財産(預金、不動産等)のみではなく消極財産(債務等)も引き継ぎます。納税資金の捻出等の為に不動産を売る場合にかかる費用、不動産の相続登記の為の費用、遺産文化割協議書の作成費用等は、相続開始時までに生じた債務と言えない為、ここに言う債務等に含まれません。詳しくは事務所まで。

雑情報 その1 今日はどんな  8月22日1944年(昭和19) 対馬丸(沖縄からの疎開船)撃沈

昭和19年7月、サイパン島が玉砕陥落し、日本本土全体がB29による空爆の射程内に入ることになり、又本土防衛の一大拠点と想定された沖縄からの老人、婦女子、児童らの本土疎開が計画され、その一環として同8月20日、対馬丸は他の2隻の疎開船と船団を組み、駆逐艦・砲艦の護衛の下に長崎へ向けて出港しました。

そしてこの日、無線を傍受し船団の予定航路を把握していた米潜水艦ボーフォンが、老朽船の為他の2隻に遅れで航行していた対馬丸に、魚雷3発を発射。1発目は交わしたものの、2、3発目が命中し、流れ込む海水に梯子を流され、足元をすくわれ、大部分は甲板這い上がれず船倉に取り残されたまま、その11分後船と共に海中に没し、あるいは漂流中に溺れたりして1788名中1476人が犠牲となりました。

アメリカ側は、疎開船とは知らなかったと言っていますが、潜水艦ボーフォンはハワイのアリゾナ記念館に、「真珠湾攻撃の復讐者」として誇示的に展示されています。これを真珠湾の仇討と言い張るのは、「盗っ人猛々しい、見当違いの言い逃れ」でしかありません。真珠湾攻撃は騙し討ちと言われている通告遅れの手続きミスを除けば、軍港内の軍艦、軍事施設、軍用飛行場のみを攻撃対象とし、市街地や一般市民への爆撃や攻撃、機銃掃射などはしていません。

この対馬丸撃沈は米国の戦略爆撃思想の端的な実行だと思われます。米国の日本に対する戦略爆撃思想とは、軍事関係施設、軍需工場の破壊は勿論ですが、それ以上にそこで働く作業員等、更にはその家族、その子孫を根絶やしにすることこそが、日本の戦闘能力、戦闘意欲を叩き潰すことになるという思想です。その結果市街地の爆撃、一般市民の殺傷、海戦後漂流中の日本兵への執拗な機銃掃射等が、当然のこととして徹底されました。あの展示が続いているという事は、彼らが戦時の一時的な極端に非人道的で凶暴な思想、行動をいまだに正当化しているという事です。原爆投下もそうですが。   その2 彼は言った、、、 「ラ・ロシュフコー箴言集」より  

他人が我々に真実を隠すと怒ってはならない。そもそも我々は自分自身もこんなにも度々真実を隠すのだから。死を軽蔑すべしと説得するために哲人たちが払う苦心にも増して、死がどれほど恐るべきものかを証明するものはない。

編集後記あるいは近況報告・雑感 (ご不用の方はお申し出くださいます様、お願い致します。)

暑い夏もやっと峠を越すようです。不毛な政治はいつまで続くのでしょうか。馬鹿鳩、菅スケ、ゴロツキ小沢も先が見えた。政治ごっこは程々にして貰いたい。幕末の動乱すら、黒船来航から明治改元まで15年でした。