俊ちゃんニュースレター翔牛(しょうぎゅう)第14号 平成18年3月15日     

発行所;津城公認会計士事務所  http://www.cpa−tsushiro.com

                      TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482

 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

1位作りの商圏戦略 〜大きい商圏(大地域=中心人口100万人)での出先の作り方と陶山戦略〜

 

1 周辺人口も考えて、いくつかの採算がとれる程度の地域(中地域)に分ける。

2 その中に、出先(小地域)を作り陶山訥庵の戦略を実践する。

3 それが成功したら、そのやり方を生かして、第2の出先を作り先に成功した陶山訥庵の戦略を実践する。

4 これを繰り返し、対象にした中地域の1位企業を目指す。

5 さらにこれを繰り返し、第2、第3の中地域の1位企業を目指す。

6 これを繰り返し、最終的には大地域の1位企業を目指す。 

 

言うは簡単ですが、平坦な道ではありません。何よりも社長の熱意、願望が必要です。また、それぞれの企業の規模(資金と人員)によって採用可能な戦略、戦術が限定されますので、1位企業になるまでに要する期間は様々です。

陶山訥庵の戦略について興味のある方はお問い合わせください。

 

雑情報

その1 今日はどんな日

3月5日 団琢磨暗殺される 1932年(昭和7)三井合名理事長の団琢磨が三井本館前で、血盟団員の凶弾に倒れ、75歳でその生涯を終えた。この年の2月9日には、大蔵大臣の井上準之助が同じく血盟団員に狙撃され命を落としています。いわゆる「血盟団事件」といわれるものです。

 面白いことに、日本赤軍の重信房子(先般逮捕、起訴され裁判中)の父親が血盟団員で、血盟団の首領の井上日召の膝の上に抱かれている子供のころの写真があるそうです。極右翼の父親から極左翼の子供が生まれるとは歴史の皮肉というものでしょうか。極端に偏って、突っ走るという点ではどちらも似ていますから、精神構造は似ているのでしょうね。まさに、遺伝の法則は貫徹されている!?

3月14日 南州、海舟の会談 1868年(慶応4)江戸城総攻撃を翌日に控えたこの日、官軍参謀の西郷隆盛と幕府の海軍奉行勝安房守が高輪の薩摩屋敷で会談、江戸城の平和的明け渡しが決定されました。この年は後に明治と改元されました。ペリー来航(1853年:嘉永6)から15年目のことでした。

 

その2 彼は言った・・・ 

神は一人だが、様々な名前がついている。(「リグ・ヴェーダ」前8世紀)                    

小さな家では、神の役割は大きい。(フランス、13世紀写本)

 

事務所便り 

確定申告 やっと終わりました。例年通りで特別のことはありませんでした

 

編集後記

 確定申告が終わると何時もの事ですがいつの間にか春になっています。少し浮かれた気分になるのも例年のことですが、何度経験しても、いつも良いものです。アレと同じですね、いつも良いというのは。アレって? アレって、アレですよ。