俊ちゃんニュースレター翔牛(しょうぎゅう)   第43号  平成19年9月10日 

発行所 津城公認会計士事務所      http://www.cpa−tsushiro.com

            TEL 03−3654−8130    FAX 03−5607−2482

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

弱者の戦略ルール

1 兵力数の少ない軍隊(劣勢軍)が兵力数の多い軍隊(優勢軍)と、同じ兵器で同じ戦い方をすれば、真の力関係は兵力数の2乗比になる。

200人対100人(2:1)の戦場での力関係は4:1になる。

2 劣勢軍が射程の短い兵器で敵に接近し、一騎打ち戦的な闘い方をすれば、2乗法則は働かず劣勢軍にとって相対的に有利になる。

 

以上を数字で表現すると以下のようになります。

 1の場合は2乗作用が働くので、劣勢軍が全滅した時に優勢軍は173人残る。

√200の2乗―100の2乗=√30000=173

2の場合は2乗作用が働かないので、劣勢軍が全滅した時に優勢軍は100人残る。

  200―100=100

此処から、次のような劣勢軍の戦い方の基本戦略が出てきます。

  1 第1法則で目標を立てる。

  2 第1法則で戦闘する。 

(参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)

 統計一口メモ  2006年度国別粗鋼生産ランキング   

中国442.7 日本116.2 米国98.6 ロシア70.8 韓国48.5 独逸47.2 インド44.0 ウクライナ40.9 

(国際鉄鋼協会まとめ 単位;百万トン)

雑情報その1 今日はどんな日 

月8日 1951年(昭和26)サンフランシスコ対日講和条約調印

大東亜戦争の終結に伴ってサンフランシスコで開催されていた対日講和会議の最終日のこの日、総理大臣吉田茂が全権大使として調印式に出席。第一次大戦後の対独講和条約の過酷ささが、後にナチス独逸の反抗を招いたとの反省から、きわめて寛大な内容でした。

ただ明治以前から、日本に宗主権のあった、千島列島、南樺太、小笠原諸島、沖縄を含む南西諸島の帰属が認められませんでした。後に、米国統治下にあった西南諸島の内、奄美大島、沖永良部島、与論島までの地域が1953年(昭和28)12月25日に返還され、1972年(昭和47)5月15日には沖縄も返還されました。また小笠原諸島も1968年(昭和43)4月5日に返還されました。

しかし千島列島はいまだに返還されず、特に北方4島は歴史的にも、また条約上も日本の領土であることは明らかですが、ロシアは、頑としてそれすら認めようとはしません。まったくロシア人の厚顔無恥ぶりは、筋金入りで、常識的な隣人付き合いはむりのようです。ではどうするか、、、となると、思案投げ首と言ったところでしょうか。困ったものです。

その2 彼は言った、、、 ラ・ロシュフコー箴言集より                         

人は自分が他人の邪魔になるはずがないと信じ込んでいるとき、えてして他人の邪魔をしているものだ。

能を隠す術を心得ることこそ、大いなる能である。

大らかさと見えるものも、実は小利に目をくれずに大利を狙う、偽装した野心に過ぎないことが多い。           

編集後記 

記録的な猛暑の夏もやっと終わったようですが、残暑も厳しくなりそうです。

(ご不要の方は、ご連絡くださいますようお願い申し上げます)