俊ちゃんニュースレター翔牛(しょうぎゅう)  第52号  平成20年2月17日 

発行所 津城公認会計士事務所      http://www.cpa−tsushiro.com

            TEL 03−3654−8130    FAX 03−5607−2482

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

社長の勉強法(2)  

具体的な実践手順(2)

5 学習回数を、同業者、競争相手の3〜5倍多くする。

   同業者、競争相手の学習回数は不明なので、20〜30回繰り返す。

   要因1つで6時間の学習 6時間X20回=120時間 6時間X3回=180時間

   8要因X120時間=960時間  8要因X180時間=1440時間

6 3つの角度から考える。

   思い込みをなくすために、常に3つ以上のケースを考える訓練をする。

7 大事な物は語源や、大本を確認する。

8 社長の仕事を常に意識する。

   社長の仕事 1 戦略を研究史戦略実力を高める。

         2 経営の八代要因を自社の規模に合ったものにアレンジするする。

         3 従業員が実行しやすい仕組みを作る。

         4 従業員を指揮指導監督して営業活動をする。

  1〜3は目に見えないため、4だけが仕事と思っている社長が多い。

     (参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)

 法律一口メモ  特例有限会社(7) 代表取締役の選任方法 

特例有限会社で必要となる機関は、株主総会と取締役だけですので、代表取締役は必須ではありません。選任する場合は、@定款で定める方法、A定款に定めて、取締役の互選で選任する方法、B株主総会の決議により取締役の中から選任する方法があります。詳しくは事務所まで。

雑情報その1 今日はどんな日 2月15日 1942年(昭和17) シンガポール陥落

 大東亜戦争劈頭の日本軍の仏領インドシナ侵攻(開放)に始まる、南方作戦の最大の難関は、難攻不落を誇る英国の東洋における最大の軍事拠点、シンガポール要塞の攻略でした。戦闘は昭和17年1月31日から始りました。戦力は日本軍36000人、英国軍85000人と、英国軍が優勢でしたが、現地植民地軍との寄り合い所帯で、戦闘訓練が不十分で、また戦闘経験もほとんどありませんでした。一方、日本軍は制空権を握り、戦車、歩兵戦術、戦闘経験で英国軍に優越していました。

 総司令官のパーシバル中将は「英国兵1人は、日本兵10人に優る。」と豪語していましたが、わずか半月の戦闘で、降伏を申し入れました。このときに山下奉文中将は「無条件降伏イエスかノーか!」と恫喝的に迫ったといわれていますが、実際は穏やかに「無条件降伏する気があるかどうか聞いてくれ。」と通訳に言ったそうです。それを日本の記者が、勇ましく報道するために粉飾したと言うのが事実のようです。

後々まで山下将軍はこの事を気にしていたそうです。戦後、いわゆる山下裁判で死刑に処される時、米軍はわざわざパーシバル将軍を呼び寄せ、その絞首刑の様子を見学させたそうです。米英の国柄の、これもその壱つ。もって他山の石としたいものです。

 

その2 彼は言った、、、 ラ・ロシュフコー箴言集より

他人に恩恵を施すことが出来る立場にある限り、人はめったに恩知らずには会わないものである。

自分に誇りを持つことは大いに尊ぶべき事だが、他人に誇らしげに振舞うのはそれと同じくらい滑稽である。                  

 編集後記 

寒の入り以来本当うに寒い日が続いています。確定申告もいよいよ本番です。これが終わる3月15日は、暖かく本当にホッとします。その日を目指して一ヶ月頑張ります。

(ご不要の方は、ご連くださいますようお願い申し上げます)