俊ちゃんニュースレター翔牛(しょうぎゅう)     第59号  平成20年5月30日 

発行所 津城公認会計士事務所                      http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482               (バックナンバーはHP経由のブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

小規模1位主義、部分1位主義(3)〜細分化して考える

小企業が1位を目指すには、目標を細分化して考える。

 

1 商品を細分化する

  価格別。用途別、サイズ別などに分けて考えてみる。

他業種で細分化に成功したものを研究する

客の問い合わせや、苦情など研究、分析してみる。

 

2  業界、客層を細分化する

  年齢別、用途別、好み別、価格別などに分けてみる。

  法人向けか、個人向けかなど。

  一般向けか、マニア、オタク向けかなど。

 

     (参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)

 

 法律一口メモ  特例有限会社(15)  最低資本金制度の撤廃 

従来は、株式会社の資本金は1000万円、有限会社の資本金は300万円と最低資本金が定められていましたが、会社法ではこれが撤廃されました。さらに減資手続きにより、資本金を0(ゼロ)円にすることも可能になりました。詳しくは事務所まで。

 

雑情報その1 今日はどんな日  5月19日 1888年(明治21) 馬琴は日本のシェークスピア

この日、神田錦町の国民英学校で、「馬琴および沙翁」の演題で講演した米国の言語学者フランク・イーストレイクは、両者とも才能学問に甲乙つけがたしとし、日本ではただの戯作者としてしか評価されていない馬琴をシェークスピアに擬えて、その文学的才能と業績を称賛しました。

フランク・イーストレイクは、米国ニュージャージー州に1856年に生まれ、5歳の時に父親の歯科医ウイリアム・クラーク・イーストレイクと来日。3年後、一旦離日し清国、ヨーロッパ、インド、エジプト等を経て米国に帰国。その間語学の才を磨き、1881年(明治14)再来日した時は、日本語のほか、独仏伊スペイン各語は英語同様に使いこなせるようになっていました。1885年、元旗本太田信四郎貞興の娘、太田ナヲミと結婚。

この日、さらに彼は、もし馬琴がイギリスに生まれていたら、シェークスピアを凌ぐ尊敬を受けていたであろうとまで激賞しました。私も、日本人作家の中には、もし英語圏に生まれていたらノーベル文学賞を受賞したであろうと思われる人が2人以外にも3,4人はいるように思います。これは何も文学賞だけに限った話ではありませんが、、、。

その2 彼は言った、、、 ラ・ロシュフコー箴言集より

大部分の女の才気は、彼女らの理性より狂気を強めるのに役立つ。

若者の情熱が老人の冷めた心よりも救霊の妨げになる、などと云うことはまずない。

御国訛(おくになま)りは、考え方や感じ方の中にも、言葉の中と同じように残る。

 

 編集後記 

今年は個人の確定申告から始めて、3月決算(5月申告)の法人の確定申告まで、すべて電子申告で乗り切りました。やれば出来る、そして出来れば簡単で楽、そして安上がり、を実感。

(ご不要の方は、ご連絡下さいます様お願い申し上げます。バックナンバーご希望の方はお申し出下さい)