俊ちゃんニュースレター翔牛(しょうぎゅう)  77号  平成21年3月30日 

発行所 津城公認会計士事務所     http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482 (バックナンバーはHP経由のブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

 

時間戦略の実行は先ず早起きと長時間労働から

業績のいい会社の社長の朝は早い。業種にもよりますが、できれば7時半までに出社。都会では無理かも知れませんそれが、職住接近の環境に恵まれた社長はそのメリットを生かしましょう。無理なら8時、せめて8時15分までには出社したいものです。

小売業や飲食業は独特の時間形態があるので、それに合わせるように工夫する。創業15年ぐらいまでの社長や、2代目社長、業績の悪い会社の社長は、圧勝型の3700時間を目標に頑張る。

倒産会社や、のんきな2代目の社長にはこの反対が多い。持って他山の石とすべし。

従業員が30名以下の社長は日中は仕事と雑用に追われるので、戦略研究の時間が不足するので、休日を戦略研究日にする。

      (参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)

 

 税金一口メモ  役員賞与の不払い決定と源泉所得税  

業績の悪化に伴い未払いになっている役員賞与を支払わないこととする場合でも、源泉徴収義務と徴収税額の納付義務は消滅しないので要注意。また、未払い役員賞与は支払いの確定した日から一年を経過した時点で、「支払いがあったものとみなして」原泉徴収税額を納付しなければならない事になっています。詳しくは事務所まで。

 

雑情報 その1 今日はどんな日 310日 1905年(明治45)奉天会戦に日本勝利

1904年2月10日対露宣戦布告により始まった日露戦争で日本軍は、兵員、武器弾薬の不足に苦しみながらも海に陸に優勢に戦を進めました。9月4日遼陽会戦、10月9日沙河会戦の勝利、さらには翌年1月1日の旅順陥落と約10万の戦死者を出ながらも、ロシア軍を奉天に追い詰めました。

翌年2月26日から、要塞化した奉天城周辺で日本軍を待ちうけていたクロパトキン大将のロシア軍約37万と、日本軍約25万の大会戦が始まりました。兵力数が少ない日本軍が機動的に各軍連携してロシア軍を攻撃するのに対して、クロパトキン大将は、終始受け身的に対応し、日本軍の攻勢を撥ね返すことができず、3月8日早朝、撤退開始。

これはナポレオンを打ち破ったロシアの伝統的な誘致的撤退戦略で、広大なロシア領に誘い込み、日本軍の疲弊を待つ作戦とも言われましたが、ロシア国内には打ち続く敗戦による厭戦気分と革命的気分が横溢し、そのような悠長な作戦を展開する余裕はなくなりつつあり、また日本軍も、兵員、弾薬の不足から一層の追撃が困難となり、自然停戦、膠着状態となり、両国民はもとより世界の耳目は、日本を目指して進軍中のバルッチク艦隊と、迎え撃つ連合艦隊との決戦に集まりました。

5月27、28日の日本海海戦で連合艦隊は当時世界最大・最強と言われた、バルッチク艦隊を壊滅させる大勝利をおさめ、世界中を震撼せしめ、あるいは狂喜せしめました。事此処に至りさしものロシアも米国のローズベルト大統領の講和提案を受諾し、8月29日アメリカのポーツマスで講和が成立しました。1906年からこの日を陸軍記念日とし休日としていましたが、米軍は1945年のこの日を狙って、東京大空襲の蛮行をやってのけました。 

その2 彼は言った、、、 ラ・ロシュフコー箴言集より

気違いと馬鹿は気分でしか物を見ない。

才気は時にわれわれに手を貸して敢然と愚行を犯させる。

年をとるほど盛んになる血気などというものは、狂気から隔たること遠くない。

 編集後記 (ご不要の方は、ご連絡下さいます様お願い申し上げます。バックナンバーご希望の方はお申し出下さい)

3月も終わりようやく春本番。それにしても先週の寒の戻りは寒かったですね。佐々木が珍しく風邪でダウン、2日休みました。私は朝晩冷水シャワーを続けてもう15年ぐらいになります。そのせいかこの冬はコートなしで過ごしてみました。特別異常なし。