ニュースレター   翔牛(しょうぎゅう)  82号  平成21年6月17日 

発行所 津城公認会計士事務所     http://www.cpa−tsushiro.com

TEL03−3654−8130 FAX03−5607−2482 (バックナンバーはHPやブログで見られます) 

ランチェスター戦略による 社長の経営戦略教室  

弱者必勝の戦略原則(1)

1 社長は強い願望と向上心を持て

2 目標の決定は小規模1位主義、部分1位主義で

3 強い会社とは違った経営の差別化を実行する

4 強い会社とは戦わず、ダメな会社を攻撃目標にする

5 勝ちやすきは細分化して発見する

6 自社の強みを生かして目標を立て、弱みは切り捨てる

7 遠距離営業を避けて、近距離営業を実行する

8 広域営業を避けて、狭域営業を実行する

 

    (参考文献:竹田陽一著「小さな会社・社長のルール」ほか)

 

 税金一口メモ  土地譲渡の1,000万円控除  

平成21年22年中に取得して5何超保有した土地を譲渡して場合、1000万円が控除されることになりました。土地の需要喚起と有効活用の為ということで、購入目的や種類などにつきましては特別な条件はありません。個人、法人とも適用になります。詳しくは事務所まで。

 

雑情報 その1 今日はどんな日   63日 1989年 天安門事件

1985年5月総書記の胡耀邦が「百花斉放 百家争鳴」を提唱し、言論の自由を訴え、国民の支持と期待を集めましたが、同年9月の六中全会で保守派はそれを共産党1党独裁の否定につながるものとの危機感を持ち批判しました。さらに翌年1月16日の政治局拡大会議で、ケ平ら保守派により辞任を強要され失脚。その後軟禁され、当局の監視下にありましたが、1989年4月8日、政治局の会議中に脳梗塞で急死しました。

失望し落胆した学生らが4月16日に北京で追悼集会を開き、引き続き小規模な集会があちらこちらで開かれていましたが、5月になると徐々に参加人員が増え、デモなども行われるようになり、全国から北京へと民衆が集まり始め、その一方各地で警官との衝突や商店街、車両への放火などが頻発し、5月19日北京市内に戒厳令が敷かれ人民解放軍が北京へ集められました。5月23日にはこれに反発した学生・市民約100万人が集会、デモを繰り返し、ついには天安門広場を中心とする一帯は、ある種解放区のような状態になりました。

切羽詰まった共産党首脳部は人民解放軍に民衆の排除を命じ、この日の夜半から翌4日にかけて装甲車、戦車を天安門広場とその周辺に投入し、抵抗しあるいは逃げ惑う民衆を無差別に銃撃し、あるいは轢殺しました。こうして人民を守るべき軍隊が、人民を虐殺するというあるべからざる事態が現出しました。死者は319人と発表されましたが、実数はその10倍から100倍とも言われています。

その後今日に至るまで、中国政府は事件の隠蔽と正当化に努めています。「歴史を正しく学ぶ」精神はここには欠片もありません。その点は「南京事件」等のでっち上げでも同様ですが。

 

その2 彼は言った、、、 ラ・ロシュフコー箴言集より

大部分の女が友情にほとんど心を動かされないわけは、恋を知った後では友情は味気ないからである。

我々は自分が直そうとは思わない欠点を、ことさら自慢の種にしようとする。

最も激しい情念でさえ時には我々に一息つかせてくれるが、虚栄心だけは絶えず我々をかきたててやまない。

 編集後記 

関東も梅雨入りして、いかにも梅雨時らしい天気が続いています。やはり自然はそれこそ自然らしくあってほしいものです、鬱陶しくても梅雨は梅雨らしく、暑苦しくても夏は夏らしく。人間もその年ごろらしく生きたいものです。子供時代は大いに遊び、学生時代は勉強し、社会人となったらその年代なりの仕事を。